News
Profile
Discgraphy
Live
Special

中原明彦 ナカ通

2013年12月18日(水)

あと14日ですな


20131218-015747.jpg
もともと積雪の多い地域にお住まいの方々にとっては、この時期に降る雪を特にめずらしがったりしないと思いますが、東京あたりで12月の中旬に積雪の予報が出るのはなかなかめずらしいことなのではないでしょうか。忘れてるだけかな。雪が降るなんて、道理でこのところ寒いはず、でありますが、もしも積雪予報の原因のひとつが、数ヶ月おやすみ続いていたナカ通をひょっこり2日も書いたものだからだとしたら、雪を降らせてこれ大変申し訳ないのであります。ハラリと舞う初雪自体はしみじみ眺めたいものでありますが、大いに積もったりして大事に至りませんように。どうぞみなさんもお気をつけください。

写真は今日のランニング中に写した紅葉で、これを書く前にもしニュースで明日の雪予報を見ていなかったら、いやあ今日は秋の残り香というかそんな風景を見つけましたよ、冬も鮮やかな色彩がありますなああしみじみ、この寒さは気のせいで温暖化も影響してるのでしょうかなはははははは、などとズレたことをおろかしく書いてしまうところでありました。しかしまあ上が赤で、さらに足元には銀杏の黄色いじゅうたんなのでありまして、寒かったけれどとても気持ちよかったです。

さて昨日の今日で何か僕の身の上に変化があるわけでもなく、つまるところ今日も今日とて黙々とひとり作業でありましたが、なぜ昨日の今日も書いているかともうしますと、しばらくぶりの昨日のナカ通の反響をさっそくいただいておりまして、にんともかんともあらためてありがたいと思い、なおかつこれでまた、次回のナカ通は暖かくなったころに、そうですなあ春ぐらいにお会いしましょう、にんにん、なんて心根面持ちでは余りに不甲斐ないのでありまして、むしろ季節のお話でお茶を濁すだけの内容になっても今日は書こう、と思って先ほどからもそもそ書いている次第でありまして、毎度のことであります。ところどころ文章がかたいのはおそらく、まだまだ書くことの感覚が鈍っているのと、最近読んでる和訳小説の文体に影響を受けているからであります。

ひとり作業、今日はプリプロ版「オルゴール」の歌入れをしてました。実のところ数日前に歌は録り終えていたのですが、ミックス作業(音のバランスなどの調整)をしていたところどうにも歌が気になってきてしまい、調整に右往左往するも成果出せず、末に結局あらためてイチから歌い直したのであります。すすまんのう、であります。今年の2月あたりにラジオパワープレイ用に制作した際、1度しっかりレコーディングをしてその後もライブでたびたびうたっている曲なのですが、なかなかにして個人的に難度の高い曲なのであります。

で、歌い直してみてどうだったかというと、歌入れの中盤くらいまではいくつかの部分についてコツを掴みかけて何度もトライアルしていたのですが、やっぱりどうにもうたえていないと感じる部分が気になってきて、どうせぼかあ元々うまかないんだバーロー!上手くうたおうとしたって無駄なんだよバーロー!と怒りまして、というか自分に怒られまして、くったりしたあとほうじ茶を淹れて、ずるずるすすりながら半ば諦めムードでのそのそうたったのがこれまでの中で一番いいテイクだったので、バーロー!よし今日のところはこれくらいで勘弁してやるかバーロー!、となりました。

うたうのも判断するのもまとめるのも自分なので、一日越えて明日聴いたらこれ全然ダメじゃんとなるかもしれないし、案外いいかも!となるかもしれないし、むしろ数日前のテイクの方がよかったじゃんとなることも往々にしてあることなのですが、その行きつ戻りつ戻りつ行きつはひとり作業ゆえの贅沢のひとつでありまして、週末の京都sole cafeや年明けの曼荼羅ではそれぞれそれまでのベストのテイクをミックスしてお渡ししますので、ライブとともにお楽しみに。ご予約まだ間に合うのでお時間ある方はぜひいらして下さいね!詳細やご予約はLIVEページからご覧下さい。

でもって、ここまでお話しておいて、その音はライブにて!とライブのお誘いに終始するのもなんだと思いまして、今日のところの勘弁した、というか自分に勘弁してもらったテイクの「オルゴール」を以下に聴いてもらえるようにしました。のほほ。楽器編成やコンセプトなどは昨日の日記にちょろろと書いておりますゆえよろしければそちらを見ていただいて、アレンジに関してはなにとぞ御容赦いただきたいのであります。調整中のものをラフにまとめたものなので着替え途中を見られるようで非常にお恥ずかしいのでありますが、歌は本日作業の終盤あたりにうたったものです。くったりしてほうじ茶をすすったあとの感じを、ふうん、と軽く聴いていただければと思います。のちの諸々の事情ありまして、予告なく公開終了することがありますゆえあらかじめ御了承下さいな。フルコーラスです。

orgel(rough mix)

聴いていただいてピアノの音色が恋しく感じたのなら、それはソロとして若干苦々しく、またロクセンチとしてうれしいのでありますが、とにもかくにもロクセンチのサウンドになる前の段階をこうやっていま磨いております。

さて明日は本当に雪が降るのかな。積もって黄色が真っ白になるかな。どうぞお気をつけて、温かくして風邪など引かぬよう。

20131218-034826.jpg

2013年12月16日(月)

残り15日ですな

20131217-025516.jpg

あの、ええと、もはやぞろろと4ヶ月ご無沙汰の言い訳はせず、しれっと書き出したいと思います。

ええと、ここ最近の僕のこと

ライブが落ち着きまして(…といっても書かない間にたくさんのライブありましたな、夏からだもの、あのええと、ひとつひとつその節はありがとうございました、ひとつひとつ楽しかったですな)、(それにしても久しぶりで書き慣れませんな)、(いやあのしれっとはやっぱり書き出せませんな)、で、ええと、そう、ライブ落ち着きまして、ひとりで制作また制作の続くここ最近であります。

久しぶりなのでもう少し詳しく、そんな僕の日々はというと、この頃は多少時間前後はするものの大体朝9時ごろにのそのそと起きます。もう2時間ほど早く起きられるとよいのですが、これでもしばらく続いた夜型からようやくだいぶ戻ってきたのであります。そして、起きたらまずはそのままのそのそと作業部屋に行き、とりあえず暖房のスイッチを入れます。でもって部屋を暖めているうちに、冷えたリビングの台所に移動、でそのままお湯を沸かします。湯気やガスの火にあたりつつ、横の日差しこもれる窓を開けて気持ちいい外の空気をすう、も、寒いのですぐ閉めて、iPadでメールやニュースサイトをちょこちょこチェックします。なんとか保護法かー、むむむ、なんて思ってるうちに沸いたお湯をほんの少しさましてから、コーヒーを多めに淹れます。でまずはほっと一息します。

その後熱めのシャワーを浴びてから、コーヒーとパンやお菓子や果物などをかかえて暖まってきた作業部屋に入ります。これにて準備完了、そこからは、ええと、あの、特筆すべきことなくもう夜までひたすらどっぷり作業です。途中キリのいいところができるとランニングに出たりお昼ご飯を食べたりしますが、ここのところは没頭出来ているというか止まらずそのまま作業してしまうことの方が多いです。あれもこれも進めていかねばならない場合やアイデアに詰まるときは休憩で区切りをつけたりしますが、ひとつに集中して取り組めているときは、つとめて行けるところまで休まず行くようにしています。お腹が空いたらパンだのお菓子だの果物だのをつまみます。そして、夜はリハーサルやら打ち合わせやらご飯やらでなんだかんだ外に出ます。何も用事のない夜はスーパーに買い物に行きます。台風よりこのかた野菜ずっと高いですな。あとは、お酒を飲んだ日はたいてい遅くなるので帰ってバタンと寝ちゃいますが、帰りが遅くならない日は戻ってさらに作業を続けます。で、寝る前は小説や機材の解説書を読んだり、huluでGleeやThe Walking Deadを観たりしてます。

こうやってひとたび文章にしてしまうと、久々書くにしてはやってることはいやはやなんともそこはかとなく平々ぼんやり地味でありまして、ミュージシャン然とした起伏に富む日常(というのがどういうのかすらわかってませんが)にはほど遠く、お話するのはお恥ずかしいのであります。まあ僕の場合はそもそも音楽も人間も決して派手なほうではありませんが、というかむしろはっきりと地味ですが、それでも、やらなきゃならないあれこれの締め切りなどの他にも、書きためてきた曲の断片を整理したり、これまでなんとなくでしか把握してなかったDAW(曲づくりやレコーディングのためのソフト)とあらためてにらめっこしたりしていると一日があっという間でありまして、おかげさまで平々ぼんやり地味なりには日々充実しております。歌う喉を適度に使い、適度に休める日々の繰り返しによって、声のコンディションがどんどん良くなってます。周期的に来る喉いい調子期であります。好調は維持してこそでありまして、調子に乗って歌い過ぎないよう気をつけています。

そんな日々の作業の中でも特にどっぷり浸かっているのがロクセンチの次の作品の下ごしらえです。いわゆるレコーディング準備のプリプロや、諸々の技術向上やトライアルのために以前の曲を方法を変えて録音したりしています。個人的に疎かった部分に入りこんでいるので、ごく初歩的なところで失敗したりもしてますが、ようやくいくつか聴いてもらえそうなものも録音できてきたのであります。お知らせしていたように今週末21日の京都sole cafe冬のひとりナカヤンソロ弾き語りワンマンライブ(たのしみ!)の日までに仕上がったいくつかの曲について、ご来場のみなさんにクリスマスプレゼントとしてお渡しします。

今のところ収録しようと思っている「Party Time(未発表)」「オルゴール(未収録)」「おふろ(未収録)」「まぼろしの歌うたい(リアレンジ)」をほぼ録り終えてバランス調整中で、あと週末までにもう一曲録音出来ればと思っています。アコースティックギターと歌とハーモニカと、簡単なドラムのみのなんとも素朴な編成でロクセンチとなる前のベータ版のような音源は、シンプルなだけにむしろ時間がかかりますが、発見も多くて楽しいです。ライブなどでところどころ中断しつつも、この準備作業は年をまたいで続ける予定なので、お正月3日のあけましてひとりナカヤンでも、そのときの成果をご来場の皆さんにプレゼント出来ればと思ってます。ロクセンチの制作へとシフトしていく過程で牛歩のあゆみのソロアルバムがまたもや延期しそうなのでありまして、こりゃソロ完成するまではむしろ今回のこういった形でもどんどん音源を聴いてもらいたい、と、かように思っている次第であります。今日更新のロクラジ第93回内にて「Party Time」のラフミックスをお聴きいただけます。他のものについてもいずれいくつかは聴いてもらえるようにしようかと思ってます。

聴いてもらえるものといえば、先日の「リバーヴィン浜の湯ファイナル」(年内をもって残念ながら閉店される東京杉並区浜田山の銭湯浜の湯でのロクセンチライブ)の模様を映像化したものを現在準備してもらっています。のちにどのような形になるかはまったく未定ですが、あの素敵な空間でのライブが記録に残るのがとてもうれしいです。ありがたいことであります。これについてはまたお知らせします。

最後にライブについてちょこちょこと。まず23日はお昼に年末恒例のしわすグルーヴィン荒川線(sold outありがとう!)と夜に初夏ごろライブでお世話になったcan/gooプレゼンツのクリスマスイベントに出演します。ロクセンチライブはもちろんコラボレーションもたくさんのにぎやかなイベントになりそうです。僕はベーシストのみやんこと宮野和也さんとcan/gooのHIDEさんとで、いま取り組んでる作業にも通じるような骨太アンサンブルでカバーを歌う予定です。リハーサルいい出来だったので当日たのしみです。

今年も音楽で年が暮れていくことに、皆に感謝であります。

そして年明けは、これまた恒例のあけましてひとりナカヤンが1月3日にあります。週末の京都ワンマンと重ねてこちらもぜひお越しくださいな。寒い日が続いているので、自然とほかほかのセットリストが組みあがりつつあります。音楽で一緒にぬくぬくしましょ。懲りずにリクエスト送ってくれたみなさんありがとうです。そのうちのいくつかにお応えできそうです。

そして2014年ロクセンチのライブは1月18日から。ひゃー、2014年になっちゃうね。あと15日、日が変わってあと14日で今年も終わりですな。今年はどんな一年だったでしょうか。と総括するのはいいことだけれど、終わった気になるにはまだ早いのであります。あと2週間の2013年を大事に、明日からものそのそいきましょ。

そんなこんなでずっと心の隅で気になっていながら更新してなかったナカ通を書いて、今夜はぐっすり眠れそうなのであります。4ヶ月ぶりのナカ通を読んでくれてありがとう。
2013年8月4日(日)

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます!

いやはや、もしかすると、僕の人生において「暑中お見舞い」を申し上げられたのはこれがはじめてなのでは。いや、申し上げたことすら失念しているだけなのかもしれませんが、思えば学生時分に先生や友人からもらった「暑中お見舞い」のハガキは、出そう出そうと思っているうちに時は流れ、いつもお盆を過ぎてからのそのそ「残暑お見舞い」としてお返ししていたのであります。時に8月末に。ああ、思い出してきた。先生ごめんなさい、みなさんごめんなさい。

この間、メールの返信が遅い人についてコテンパンに書かれている文章を読みまして、お気持ち痛み入ります、ありがたく頂戴いたします、がしかし、メールとはいえ文字だもの、一字一句を丁寧に推敲していくとなるとこれ自然に人それぞれ時間はかかるもので、それだけをもってしてやれ決断力に乏しいとか、やれチャンス見逃し系タイプだの一辺倒に決めつけるのは如何なものか、いや、わかりますよ、わかりますけども、加速度を増す没個性社会の閉そく感ここに至れり、と、まあ心の中でひっそりと思ったのであります。

いまひとたびしっかり確認しておくと、確かにぼくはメールの返信遅く、加えて決断力にとぼしく見逃し系タイプです。とほほ。でも…それはあの、違うんです、ぼくの場合はちゃんと推敲して返信がゆっくりになっている、、、のではなくて、ええと、いいます、ただグズグズしちゃうんです。同時にふたつのことが考えられなかったり、急の創作に頭が吸い寄せられてしまい、今現在やってる行動が突然ストップしたりと諸々の不良兆候症状ありますが、総じていってしまうとつまり、グズグズしちゃうんです!もういい大人がなんかグズグズしちゃうんですすす!社会生活において致命的なほどににに!

…とあられもなく言い切ったからといって、それを誰が認めてくれるわけでもないのでありまして、自分自身のマルチタスク化、そもそもの自己管理は常にぼくにとって命題なのでありますが、そんなぼくの事情は置いておいて、それとは別に、選んだ言葉についてあらためて熟慮してあるメールであったり文章であったりを読むとぼくは感動し、とても嬉しくなります。整った美しい文章でも親しみやすいくだけた文章でも、おくる前に、最後のひと推敲を忘れずにいたいものであります。それは中華料理の仕上げの胡麻油のように、、、いや、それとはちょっと違うけれど、一手間を惜しまないものが好きです。

ええと、話は冒頭よりだいぶ逸れたままでありますが、もうちょっとお話するとそういえば、急ぎで返信しなければならないメールの場合に、顔文字を使うことが最近増えてきました。といっても、^_^;みたいなごくごく初期からあるタイプのものをいくつか文末につける程度ですが、これくらいのものでも以前ならなるべく使うのを避けていたのでありまして、スタンプやマークなどを日常的に使いこなしている方々からするとまあアレですが、こんなことでも自分にとっては大きな変化です。

「安直なのではないか!?軟派なのではないか!?」と思いつつも、何もないより野花を添えて、といった気持ちであります。世代によってこのメールの文字感覚は違うものだと思いますが、メールの文字感覚はよくやりとりする人たちの間で共有し伝播していくものでもありまして、僕よりも年上の方であっても、例えばお子さんがいたりとか、若い人と接する機会の多い方のメールは彩り豊かだったりします。この間生まれたばっかりの姪が大きくなってきてメールをするようになったら、ぼくのメールも彩り豊かになっていくのでしょうか。というか姪は叔父さんとメールしてくれるでしょうか。どうかしてください。がんばって彩り豊かにするから!!…あああ、こういう気持ちから、なのかあ。

そんなわけで、長々書きつつもまだ暑中お見舞いしか申し上げておりませんでした。お元気だったでしょうか?ぼくは元気にやっておりました。梅雨明けが10日ほど早かったぶん、長い夏にどっぷりつかりながらも、あれやこれやと音楽に悩み楽しむ日々であります。先月は「梅雨が明けてしまう前に」(たくさんのご来場ありがとうございました!)というイベントにて、梅雨明け後の梅雨気分をみんなと一緒に味わいました。出演者のみなさんとのコラボレーションはとても楽しかったです。

コラボレーションといえば、ここ数年ご好評をいただいている「ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ」ですが、今年はいち早くお知らせできることになりました。9月14日がscope、10月5日がラブハンドルズ、11月2日がNatural Recordsをお迎えして、毎月濃密なツーマンライブ、というよりは合同でのワンマンライブのようにお届けしていく予定です。それぞれ個性的でどれも愛してやまないおすきバンドでありまして、3ヶ月すべてがオススメでありますゆえ、お早めにご予定チェックしておいてくださいな。詳細は順次ライブページにて。さっそく9月ご一緒するscopeとの打ち合わせ、および合作曲が現在進行してます。詳しくはゲストにvo.長谷山氏をお迎えします8月6日更新のロクラジ(トップページ上のRADIOのところからお聴きいただけます)にてお話します。僕が彼をマックスと呼ぶ理由など、10年来の盟友だからこそののびのびテンポ感をどうぞお楽しみください。告知動画もまもなくアップされますのでお楽しみに。

ライブといえば、明日からの一週間は2013夏のライブシリーズの週であります。おそらくぼくは滝のように汗をかきながらシャウトしたりささやいたりします。わくわく。5日(月)は東京 下北沢440にてアンディpresents。ドラマーアンディさん率いるスペシャルバンドと合体したロクセンチでお届けします。ドラムベースだけでなく、エレキギターやヴァイオリンまで加わった豪華編成のライブをぜひ。出演は最後でおそらく夜9時前後からとなる予定です。

そして2日後の7日(水)は東京 浅草 蔵woodにて「浅草 心唄」。今度は打って変わって中原明彦ひとりソロ弾き語りのライブです。はじめての場所で、はじめての方々とひとりご一緒するのでありまして、人見知りのコンサバヤンとしてはなかなかめずらしいライブでありますが、これまたとても楽しみです。出演は3番目で夜8時前ごろから、思いきりうたいます。ぜひお越しくださいな!

さらに2日後の9日(金)は大阪 南堀江knaveにて「ピアノとロック」。ライブを関西でも!というみなさんからのうれしい声にようやくお答えできます。たっぷり時間をいただいてるので、新しい曲もあの曲もドタドタお送りします。またまたとても楽しみ!出演は最後で夜9時前ごろからの予定です。こちらもぜひぜひ!

一日置きに東京、東京、関西とライブが続くのでありまして、今からドキドキしております。2013年夏のロクセンチはこの1週間!ご都合つく方は一緒に楽しみましょ!

そんなわけで買ったばかりのピクミン3はお盆までおあずけにして、夏のライブを一気に走り抜けんと意気込む今日この頃であります。長い夏はまだまだ長そうですが、しっかりご飯としっかり睡眠で暑さを乗り切りましょ。長々とした暑中お見舞いでありました。前半あれだけ文章についてごにょごにょ言ってたわりに後半は推敲足りてませんが、そもそも久々更新の言い訳に過ぎないのでありまして、どうぞお許しを。

ではまた。どうぞすこやかに。
2013年6月6日(木)

ロクセンチ7周年特別企画 「つるりんくんにあいにいく」

2013年6月6日(木)21:00~Ustream放送 ロクTVにて放送した
ロクセンチ 7周年特別企画 「つるりんくんにあいにいく」

たくさんのご視聴ありがとうございました。
一部画像音声が乱れた部分がございましたことをお詫びいたします。

代替放送として以下の再放送をご用意いたしました。

本日 6月6日(木)23:00より
明日 6月7日(金)21:00より
来週 6月13日(木)21:00より

ロクセンチHP内
Radio
やまだblog
でもご覧いただけます。
2013年5月21日(火)

つるりんくんにあいにいく予告編動画

ロクセンチ福井ツアードキュメント映像「つるりんくんにあいにいく」予告編の動画です。


ロクセンチ7周年記念の企画としまして、6月6日(木)夜9時よりUstream内ロクTVにて放送予定で、つたなくも鋭意編集作業しております。どうぞお楽しみに。

20130521-172207.jpg
そして6月16日に向けて読みはじめました。読み終わったら塩梅などまたお知らせします。
2013年5月15日(水)

先週末のこと

いやはや初夏ですな。お元気だったでしょうか?ぼくはあいも変わらずのほのほ元気であります。ネットラジオ「ロクラジ」やTwitterではともかく、このナカ通ではずいぶんと御無沙汰でありました。更新のない間にもページを訪問してくださって、ありがとう!とゴメンナサイ!の気持ちであります。ずいぶん前につくった「きみんちにいく」という歌にて

携帯電話 Emailものすごく便利 でも一番大事な温度は届かない

という歌詞を書きましたが、電話やEmailにとどまらず最近ではLINEやTwitter、facebookなどなどコミュニケーションのツールは増え続けておりまして、それぞれの使い分けや利用の仕方など、なかなか自分自身つかめないままに方々手を出してしまっているというのが正直なところの現状であります。

電話すらいらないなあ、と思うこともある一方、コミュニケーションだけでなく日々の制作にもiPadが手離せなくなってきています。自分なりの取捨選択をいずれしていかねばと思ってますが、自分にとってこのナカ通も文章でもって思うままにつらつらとお話ができる大事な場所のひとつでありまして、不定期ではありますがどうぞ今後ともゆるりとよろしくごひいきに、とひらにひらに冒頭を埋めておる次第であります。いや、ひらにといいながら、ソファにもたれて今これを打ち込んでいます。窓からの風がとても気持ちいいです。初夏ですな。沖縄ではもう梅雨入りとか。過ごしやすさをありがたく思いつつ、雨の日だってstepであります。

3月末の春のロクセンチワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」の後も、おかげさまで制作にライブにわたわたと活動しておりました。4月はいとしの京都solecafeでの「春のひとりナカヤン」(中原明彦弾き語りソロワンマンライブ)、ゴールデンウィークには後輩のようでやっぱり先輩のバンドcan/gooとの2マンライブイベント「貫禄リサイタル」と久々の三井アウトレットモールでのフリーライブを、それぞれ一本一本思いきりお届けできました。聴きにきてくれたみなさん、はじめて出会ってくれたみなさんに感謝です。

新作に向けての楽曲制作もようやく渋滞を抜けていくつかのモチーフが花開いてきました。ソロ、ロクセンチ共にまだ時期をお話できる段階ではありませんが、どうぞのんびり御期待くださいな。また、ここ数年イベントなどで取り組む機会に恵まれたコラボレーションの楽曲について、そのいくつかをお届けできそうです。これについては近々お知らせできると思いますので、どうぞお楽しみに!

そんな中、先週末ロクセンチはスタッフやサポートメンバーとともに福井県は越前市にある御誕生寺というお寺にお邪魔してきました。誕生祭というお寺の催しにお招きいただいたのでありまして、なんと本堂の前にステージを組ませてもらってライブをしました。

御誕生寺は猫寺としても全国的に有名な曹洞宗のお寺です。境内に捨てられた猫を保護されたことから始まって、今では数十匹の猫を飼育されているそうで、当日も心地よい晴天のもと、そこかしこにいるさまざまな毛並みの猫のゴロゴロにゆるみっぱなしでありました。人懐っこい猫も多く猫好きの方にとってはなんともたまらない環境であります。

20130515-210250.jpg
ナズナというお名前です

いまこのナカ通を読んでくれているみなさんの中にはご存知の方も多いかと思いますが、現在2人で活動しているロクセンチは昨年までヴォーカルギター、ピアノ、ベースの3人編成のバンドでありました。そのベースメンバーであった宮本倫和、通称りんくんは実家の関係などの諸事情から一大決心し、ミュージシャンから転身しお坊さんになるべく、昨年10月末をもってロクセンチを脱退しました。

ほどなくして彼は修行僧としてお寺に入り、現在も日々修行に励んでいるのですが、そのりんくんが今お世話になっているのがこの福井県の御誕生寺、というわけであります。

脱退ののちまだわずか半年あまりで、りんくんがまだ修行中の身であること、ロクセンチは新体制としてのライブや新作に取り組んでいる真っ最中であること、などから、お話をいただいた当初はありがたくもこれはあまりに時期尚早ではあるまいか、それぞれがそれぞれの道をしっかり進んだのちに、果たしてようやくいただくべきご褒美なのではないか、と考えました。

また、スケジュール的にも前日作業終了後の深夜より東京から福井へ機材車で出発し、到着後リハーサル、ライブをして、またそのまま福井から東京へと夜走りで戻らねばならないハードな行程が予測され、スタッフの負担からパフォーマンスのコンディションにいたるまで、様々な要件を鑑みても、残念ながら今回実現は難しいのではないかという結論に辿り着く、その、すんでのところでした。

でも、いきたいな、と思いました。

その昔、りんくんが加入したときにリリースした「Ready!Steady!」というアルバムに「かにあるき」という曲があります。

でもね いいんだよ 僕たちは
今日を生きていくんだよ
すべてわかったふうのおりこうさんより
少しばかがいいよ かにあるき

また、同じアルバムの「hey hey」という曲でこう歌っています。

葛藤ばっかしてちゃ たのしくないや
せっかくの時間だ さあ 行きましょう
下らない雑音で消えてしまわないように
何度も呼びかけるよ 君と僕に
hey hey 夢の続きはそれでいいんだよ
hey hey みっともないほどシンプルでいいんだよ

こんなふうに歌っているくせに、自分の口から出てるのは相変わらず、わかったふうで、葛藤に酔った、下らない雑音ばかりで、ほとほとうんざりなのですが、それでもこのアルバムをりんくんとつくったときに僕は、これからは、未来のための今日じゃなくて、今日のための未来、あるがまま思うままにあろう、と思いました。

必要以上に迷惑をかけてしまったりするならばともかく、ご縁あってライブをさせてもらえることを今、大切にしたいと思いました。

そこで、懸案いろいろあるのだけれども、それでもいきたいからいっちゃおうかと思うのだけど…、と相談したところスタッフは皆ふたつ返事で、行きましょう!と言ってくれました。山田さんはいつもの調子で、行きたきゃ行きゃいいじゃないの、サポートDr.のスガちゃんは、よしじゃあ前もって東京で3人でいいからリハーサルしときましょう、となりまして、もうなんもかんも、りんくんにあいにいこう、そして一緒にライブしちゃおう、となりました。

諸事情あって事前にライブについてお知らせすることが出来ませんでしたが、当日は御誕生寺の板橋禅師さまをはじめお寺の関係者の方々、地域や遠方より誕生祭にお越しになった方々にご覧いただく中、思いっきりライブをたのしみました。はじめてロクセンチを知る方ばかりの中、予期せぬアンコールまでいただくほどのあたたかい盛り上がりがとてもうれしかったです。

久々のりんくんベースはというと、お許しをいただいて事前にベースギターを実家より送ってもらい、修行のわずかな余暇の時間にひとりリハーサルを重ねていたそうで、ブランクはまるで感じませんでした。バンドとの息がぴたりとあったことは言うまでもなく、むしろ僕の方がこの環境にすっかり興奮してしまい少々危うかったのでは、と思います。そのこともあって事前に組んでいたセットリストは早々にその場で変更していったようにうろ憶えてますが、ともかくも1時間あまりあっという間のひとときでした。

2013年 5月12日 福井県 御誕生寺 「誕生祭」 ロクセンチLIVE 曲目

1 かにあるき
2 君の声が聴きたい
3 たまねぎ
4 hey hey
5 挑戦者
6 ビオラ
7 六周年の抱きしめたんだ

en1 倫和による和太鼓演奏
en2 レイトショーを観にいこう

昨年のりんくん脱退前ラストのライブで僕は、僕らは音楽がある限りどこにいても繋がっているから、とMCで言ったことを覚えています。ときにそういうことをまんまと言ってしまう自分の気恥ずかしさは置いておいたとしても、今回のライブはそのつながりを再び強く感じることができました。そしてまた、新しい道を歩き出した僕らの大切なエール交換になりました。ご縁をいただいた御誕生寺の関係者、スタッフの皆様に深く感謝いたします。ありがとうございました。早くも来年度のお誘いまでいただいて恐縮するばかりですが、再びお会いできる日を楽しみにしております。

キツい行程にもかかわらずどっぷり付き合ってくれたドラムサポートのスガノ綱義、ロクセンチスタッフのみんなにも感謝です!

そして元メンバー宮本倫和(現在の呼び名は「倫和」と書いて「りんわ」さん)にも。また、あおう。

そして。

何よりりんくんを、ロクセンチを応援してくれているみなさんへ。

今回ライブ自体は先述のとおりシークレットとさせていただきましたが、何か少しでも報告できるもの、たのしめるものをと思い、各所特別に許可をいただきましてこのたびの行程を箇所箇所家庭用ビデオカメラにて撮影してもらいました。 これをこれより中編サイズ程度の動画にまとめていきまして、Ustream内ロクTVにて放送することになりました。その名も

「つるりんくんにあいにいく」

をロクTVにて6月初旬放送予定です。近日中にとりあえずの予告編のようなダイジェスト動画をアップする予定です。なにぶん素人出演の素人撮影の末の素人編集なもので、お見苦しいところ多々あるかとは思いますがどうぞご期待下さいな。詳しくは16日更新のロクラジでもこれについてお話すると思うので、そちらもぜひ。

また御誕生寺の猫についてのブログを御誕生寺ホームページ内で倫和さん他御誕生寺の方々が更新されているようです。そちらもとてもかわいいのでぜひ。ただ、お願いしたいことがありまして、今回は特別のお許しをいただきライブまでさせていただきましたが、りんくんは現在も俗世を離れ曹洞宗の修行僧として修行中の身です。精悍な表情からその充実が伝わってきただけに、このまま修行が終わるまではファンのみなさまも僕と一緒に、静かに心で応援していただきたく思います。また次のご縁のためにも、どうぞくれぐれもよろしくです。僕の方にりんくんの情報が入ってきた時はまたおりをみてここに書こうと思ってます。

20130515-210326.jpg
作務衣りんくんと寝起きの僕

うってかわってロクセンチや中原明彦に関しては、静かに心だけで応援していただくだけでなく、CDやロクラジ、ご都合つけばライブにもぜひぜひお越しいただきたいわけでありまして、最後にお知らせを。

2013年6月 8日(土)「初夏のひとりナカヤン」(中原明彦ソロ弾き語りワンマンライブ)
東京吉祥寺曼荼羅

京都sole cafeでの春のひとりナカヤンで好評いただきました、あの素晴らしい「その場でレコーディング」コーナーをもう一度。着メロやアラームに使えるぐらいの小曲をライブ中につくってその場でみんなレコーディングします。出来たその日限りの曲はライブ特典として後日お手元に。もちろんその他時間いっぱいまで歌い尽くします。メールにてリクエストも募集中です。ぜひ。

2013年6月16日(日)「みなづきリーディンflying books」
東京渋谷 flying books

ロクセンチどこでもライブシリーズ、6月は渋谷にある古書のセレクトショップにて、本とのコラボレーションライブ。古書に囲まれた独特の音響と読書感想文ならぬ読書感想歌をお届けします。ロクラジにて課題図書募集中です。ぜひ。

詳細、チケットのご予約はライブページへ。

長文に最後までお付き合いありがとうございました。五月後半もどうぞすこやかに。

2013年4月8日(月)

春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」を終えて

3月30日(土)ロクセンチ春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」おかげさまで無事終了しました!参加してくれたみなさん、ありがとうございました!楽しかったですな!

よりぬきの選曲ということで、いわゆるライブの盛り上がりだけではなくてこれまでの歴史も感じてもらえるような欲張りセットリスト(曲目などはやまだブログに)でお届けしたのですが、おかげさまでダブルアンコール大盛り上がりのワンマンライブでありました。サポートメンバーのお二人やスタッフの方々にも感謝!

つくりかけ音源も無事完成(タイトルはまだ「引っ越し(仮)」ですが…)しました。はじめた当初はこれはどうにも無謀な企画なのでは?とも思ったりしましたが、ライブを通して曲が生まれて、ライブを通して曲を育てる、一緒に育ててもらう、という曲づくりの過程をあらためて自分自身感じることができました。「オルゴール」とともにこれからしっかりうたい育てていきたいと思ってます。 ここまで2ヶ月ちょい、お付き合いいただいた末の形、demo版とはいえ完成バージョンをせっかくだから聴いていただきたいと思いまして、ワンマンライブから数日経ったつい先日、先週段階までのアレンジのものにフルコーラスで歌ってみました。これまでのようにいわゆるつくりかけ音源その8としてお届けするのなら、これをそのまま聴いていただければよいのでありますが、ライブで実際にうたってみて感じたことをよりフィードバックさせた「引っ越し(仮)」demoにするためにアレンジをもう少し調整しようということになりました。つくりかけでないdemo音源「引っ越し(仮)」しばしお待ち下さいな。

春に向けて出来たこの2曲「オルゴール」「引っ越し(仮)」ともに、京都での弾き語りワンマンライブでも、ギター弾き語りバージョンではありますがお届けできたらと思ってます。ライブにむけてひとりリハーサル中です。リクエストをゆるーく募集しておりますのでぜひメールくださいな。とても楽しみであります。

そして5月4日の貫禄リサイタルの準備も進んでます。can/gooのpomさんとの合作曲、ブリブリうたうロッキンな曲になりそうです。こちらも楽しみ!
2013年3月28日(木)

春のワンマンライブに向けて7

2013年3月30日(土)春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」
つくりかけ音源ダイジェスト7



ついにサクラサク!今年は例年よりだいぶ早い開花でしたがお花見など行かれたでしょうか?僕のランニングコースでは早くも葉桜が目立ってきてますが、葉桜は葉桜でまた生き生きとしていていいものであります。

約2ヶ月の間お送りしてきましたこの「春のワンマンライブに向けて」シリーズも、いよいよ今週末30日(土)が当日ということで今回を持ちましてラストとなります。毎週長々しいブログにお付き合いありがとうございました。おかげさまで無事名曲がしあが…、ええと、あの、いや、まだであります。なんとまだ完成しておりません。上の動画はいわゆる最後の「つくりかけ音源」となります。

サイズはおかげさまでついにフルとなり、連日のリハーサルからフィードバックした細部のアレンジ調整されました大詰めバージョンとはなりましたが、正直なところ歌詞の仕上げにうんうん悩みまくっております。歌っては直しを繰り返して、結局現状つくりかけ音源では1番歌詞を2度歌ってます。この書いては消す終わりのない作業に区切りをつけるのが3月30日当日となるのでありまして、この2ヶ月間に渡る曲づくりの締めくくりとして、泣いても笑ってもあと2日大いにあがき、のたうちまわろうと思っております。みんなからの感想や応援あってこそここまで来れました。感想などはいつものようにメールやメールフォームにてどうぞお寄せ下さい。

そのワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」リハーサルも本日無事最終日を迎えました。長時間のリハーサルにサポートメンバーのカツオさんと越智くんもどっぷりお付き合いいただきまして、コシのあるとてもいい仕上がりになりました。久しぶりにセットリストに入った曲たちが生き生きしております。26日のロクラジでそのあたりもお話してますのでお暇なときにでもどうぞ。うー、週末が待ちどおしい!詳細はLiveのページまで。前売りチケット予約まもなく締め切りとなりますゆえ、来られる方はお早めにどうぞ!

そして明日は朝9:30よりかわさきFMの生放送ゲスト出演します。マンスリーアーティストとして一ヶ月間お世話になりました。新曲「オルゴール」を弾き語りで思いっきりうたわせていただきます。再放送は21:30です。川崎市にお住まいでない方もサイマル放送などでお聴きいただけますので、どうぞお聴き逃しなく!

まだまだひとりナカヤンのことや貫禄リサイタルのことなどあれこれお伝えしたいことあるのでありますが、それはこの週末を越えたらおいおいお話するとして、いまは歌詞の中の世界に戻ります。これまでにお寄せいただいたたくさんの想いに、この仕上げでお答えしたいです。むおー!

ライブに来られる方は週末お会いしましょう!来られない方も、年度末の忙しいこの一週間、どうぞすこやかにお過ごし下さいな。
2013年3月21日(木)

春のワンマンライブに向けて6

2013年3月30日(土)春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」
つくりかけ音源ダイジェスト6


日に日に暖かく春めいてきている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?僕は冬眠の穴から顔を出しては花粉にアゥアゥし、すごすごと穴に戻る、といった日々です。例年に比べて花粉シーズンが長く感じるのは花粉量が多いからなのか、お家上手にしては外に出かける機会が多いからなのか。どちらにせよ、話題的にも症状的にも、花粉にはそろそろスギ去ってもらいたいものです。スギさっ…いや、あの、だって、思いついちゃったんです…。

3月30日(土)ロクセンチ春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」まで、なんだかんだであと10日あまりとなってきました。わくわく。この日に向けて現在進行している無謀企画、つくりかけ音源も今回で6週目であります。これまでの経緯などは一連の「春のワンマンライブに向けて」を一読いただけると、おそらく予想から大きく外れない程度の内容と経過をたどっていることがお分かりいただけるかと思いますが、お忙しい方のために試しに短く短歌でまとめると、

新曲を つくりかけては 柑橘の 香りゆく様 いとおかしけり

→実家からもらったぽんかんの香りが漂う部屋でつくっているみかん(未完)の曲の変わりゆく様を聴いてもらうのは趣深いなあ、というか本当は恥ずかしいなあ、早く完成するといいなあ
といったところで、かえってよくわからなくなっちゃいました。

まあまあ、あと10日あまりとなったのにもかかわらず歌詞がまだ1コーラスまでしか入っていないあたり、なんともガチンコならではの展開ですな(と、のんきなこと言ってる場合ではなくなってきた)。そんなわけで今週は細かいヤスリがけのような作業となった週でしたが、先週のと聴き比べていただけると、意外と変化している箇所が多いことがわかったりして面白いと思われます。全体の雰囲気もサビを中心に荒々しい感じから少ししっとりした印象があります。コーラスアイデアを歌ってみるのにあたって、丸々歌い直しています。すでにワンマンライブのための長時間リハーサルがはじまっている関係上、必ずしも万全の喉コンディションではなく、お聴き苦しい点ありますことをどうぞご了承ください。

曲をつくる過程というのは取捨選択の過程でもありまして、ここの部分いいのになあ、と思いながらも他の理由で泣く泣く変更するということがまま起こります。そういうときは後ろ髪引かれないよう努めて忘れるようにするのですが、今回のこのつくりかけ音源企画の場合は忘れようにも毎回記録が残っているのでありまして、正直なところ箇所箇所で後ろ髪を引かれまくったりもしています。また、構築したものを一度崩して大幅に変更してみてはどうか?という危険な発想も依然としてあります。そんななかで毎週いただく感想や応援のメッセージの存在をとても新鮮に感じています。いつもありがとうございます。同業の方々からも激励いただいておりまして、仕上げの筆にはやる思いであります。ふとしたことでもぜひinfo@6-cm.comかメールフォームにてどうぞお寄せくださいな。気持ちとしては、みんなと一緒に仕上げたいのであります。

そのワンマンリハーサルは、新曲のライブアレンジや、今回のメンバー(bass ナカムラ☆カツヲ from The LOVE、drum 越智祐介 from Natural Records)ではお初の曲のグルーヴに手こずりながらいつにもまして熱のこもった内容で、なんというかライブをつくる喜びにワクワクしてます。信頼するプレイヤーの皆様に囲まれて、ウグイスぼうやは幸せなのであります。はやくこの感じをみんなと一緒に楽しみたくてウズウズ。とてもいいライブになりそうで、これは見逃せませんぞ、おくさま。

その3月30日より販売をスタートする2013ロクセンチグッズについて。毎回ご好評いただいているロクセンチのトートバッグ、2013最新作の登場です。今回は通常サイズの黒トートと、そのバックインバックとしてもお使いいただける2wayタイプの生成りトートの2種類をご用意いたしました。デザインは、ただいまかわさきFM3月のマンスリーアーティストとして月曜から金曜の9:30〜(再放送21:30)のアクセスかわさき930にてon airされておりますロクセンチ春の新曲「オルゴール」をモチーフとした、いわゆる「オルゴールトート」です。実際の歌詞を書く前に、イメージを膨らませるために書いたいくつかのオルゴール人形のラフの画を参考にイラストにおこしてもらったものです。下はそのいくつかのうち、僕が最も最初に書いたオルゴール人形。

20130321-234708.jpg

まだ人形が持つ楽器がピアノでなくギターですな。このあとのピアノを弾いてる人形バージョンは、あれこれ書いている途中にふと歌詞が降りてきまして途中のままでしたが、今回それをデザイナーさんにお渡しして完成バージョンを書いていただきました。近日中にこのオルゴールトートの完成写真をご覧いただけるように準備します。春のお出かけに、ロクセンチトートバッグコレクションの末席に(なんだそれ 笑)ぜひどうぞ。

先週のロクラジ第66回大質問スペシャル、たくさんのメールお寄せいただきありがとうございました!予想通りまっことどうでもいいお答えばかりしてしまいましたが、よろしければトップページのRadioのとこからお暇でどうしようもないときなどにお聞き下さいな。またメール募集の際にはご協力よろしくです。次回のロクラジはおそらくよりぬきロクセンチさん直前あたふた回となることでしょうが、そちらもお楽しみに。

ワンマンライブが終われば、次は4月20日(土)春のひとりナカヤン in京都Sole Cafeです。春の歌を中心にじっくり弾き語る予定です。ランニング中に早咲きの桜?を眺めながら想いはせる京都のライブであります。

20130321-221143.jpg
先週にもあったように、なにかこの夜の特別なおみやげになるようなものを計画中です。ぜひぜひお越しくださいな。詳細などはこちらからご予約はどうぞお早めに!

最後に、東京ひとりナカヤン、吉祥寺曼荼羅で6月8日(土)決定しました。こちらの内容についてはもう少々お待ちください。

また来週。どうぞすこやかにお過ごしくださいな。ではー!
2013年3月14日(木)

春のワンマンライブに向けて5

2013年3月30日(土)春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」
つくりかけ音源ダイジェスト5


日本語は同じ言葉であっても文字にする際にひらがな、漢字、カタカナ、場合によってはローマ字だったり、さらにはそれぞれの組み合わせだったりと用途によって実にさまざまな表記ができる言語であります。

無論読みやすさが優先ではありますが、文章や歌詞を書く機会のある多くの方と同じように、僕も文中や歌詞の中でそれらを使い分けることを普段意識しています。例えば歌詞によく出てくる「君」は「きみ」や「キミ」で書くことも多いです。あくまでどれも同じ相手を表しているのだけれど、それぞれの状況や距離感にふさわしい「君」があるように思います。

…なぜいきなりこんな小難しいことから始めてしまったのかいいますと、あの、ここ数日ですね、花粉がですね、「花粉」と漢字で書いた時に表現できる猛威の範囲を越えてきてましてね、なんというかもう「カフンッッ」といった勢いで我が顔面を強襲してきておるのであります、と書きたかったからなのですが、小さい「ッ」を足した時点で実は反則であります。

根っからの無鉄砲、じゃなくて根っからの花粉症で、子供のころからこの時期は目に鼻に顔に喉にと大変だったのですが、ここ数年の間、理由不明なれど以前ほど症状が出なくなっていたこともあり対策を怠っておりました。完全なる油断であります。トホホ。昨日は久々のソロライブだったのですが(聴きにきてくれたみなさん、ありがとうございました!)ライブ中くしゃみが出ないかヒヤヒヤしてました。

20130314-214101.jpg

そのライブでは、現在かわさきFMで毎朝毎晩お聴きいただけるロクセンチ新曲「オルゴール」をロクセンチに先んじて弾き語りバージョンでお届けしました。毎週ここを読んでくれているみなさんにとっては、この「オルゴール」はいわゆる僕らの旧song1なのでありまして、天才バカボンにおけるバカボンのパパのような状態(これまた説明長くなりそうなので謹んで割愛)ではありますが、おかげさまで反響上々なによりであります。

そして冒頭の動画音源が、本来の主役であるバカボン、じゃなくてsong3の最新つくりかけ音源その5です。昨日ライブから戻っての一発歌入れでありまして、クオリティ含め本来なら関係者資料としてのみ存在が許される状態の1コーラス音源ダイジェストです。3月30日(土)下北沢440にて開催するロクセンチ春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチ」に向けての新曲です。なんでそんな中途半端なものを、といったことの経緯については、これまでの「〜に向けて」シリーズエントリーを順にご参照いただけると、わかったようなそうでないような感じになると思われますが、つまるところ要するにワンマンライブに向けてなんかやってんだな、毎度そういうの好きだなロクセンチは、と把握していただければ、それでほぼ事足りるかと思います。

音源をきいていただくと一目ならぬ一聴瞭然、今回は変化の大きな週になりました。前回前々回と聴き比べるとより違いがわかるかと思いますが、まずは前回のヘッドアレンジから所々アレンジに改良が加えられています。ついでイントロも変化しました。イメージがクッキリしてきた感じがします。そして何より、ようやく一番の歌詞が入りました。それによってサビの後半部分のメロディも追加しまして、いわゆる1コーラスと呼ぶ、とりあえずの雛形がここに完成したのであります!ここまでくるのが一山でありまして、つまり、やった!

…とはいえ、3月30日のワンマンライブまで気がつけばすでにあと2週間ちょいでありまして、来週から始まるリハーサルのことを考えても決して早い進行ではないのですが、別件別件…、ベ、ベ、ベッケンバウアー、…いやなんでもなかったです、後生なのでどうか忘れてください、別件が諸々同時進行している最中に、無事ここまでたどり着けてよかったと内心思ってます。

ただ、いわゆる「つくりかけ音源」とはこのこと、もう既に今日の段階で修正したいと思う部分があるのでありまして、来週以降はフル尺(曲の全サイズ)を構成しつつ、歌詞やメロディの譜割およびアレンジの手直し、木工品で言うところのいわゆるヤスリがけをしていこうと思ってます。毎週のように、感想や応援のメッセージありがとうございます。おひとつおひとつが、もうダメだー眠いー、鼻水止まらないーの作業時の心の支えであります。今週もぜひinfo@6-cm.comかメールフォームにてお寄せくださいな。

以下は歌詞データです。昨日のライブ中、タイミングあればちょこっと弾き語ってみようと作成し、ステージで使用したものと同じものを軽くしました。小さくて読みづらいかもですが、雰囲気だけでも。タイトルはまだ全部の歌詞が入っていないのでsong3のままです。

20130314-214005.jpg

つい最近作の「オルゴール」にて、レコーディング当日未明に歌詞をいちから書き直しということがあったように、最後の最後まで(曲によってはレコーディング後であってもライブで歌ううち助詞のてにをはが変化することがまれにあります)どうなるかわからないのでありまして、現在歌詞のワンコーラスフルバージョンが聴けるのは、3月30日(土)のロクセンチ春のワンマンライブ「よりぬきロクセンチさん」をご予約された方のみでありまして、ご予約お急ぎ下さいな(詳細はこちら)、と宣伝かかさずでございますよだんなさま&おじょうさま。いやはや、日に日に近づいてきておる。わくわくするのである。

ライブといえば、この春のワンマンライブからちょっと先になりますが、5月4日みどりの日に、昔ながらのご縁ありましてcan/gooとロクセンチのツーマンライブが決定しました。秋恒例の好きな人とやるライブシリーズの番外編のような気持ちでカングーpomさんとあれこれ楽しくやり取りさせてもらっています。can/gooのベースKIYOさんは昨年秋のワンマンライブにてベースサポートでお世話していただき、また、ドラムのHIDEさんはその昔ソロアルバム「がじがじ」でお世話になりました。今からとても楽しみです。can/gooのラジオへゲスト、ロクラジゲストなどなども予定しております。お楽しみに。

話変わってロクセンチ課外活動のご報告を。ご縁あって蝦名恵さんという、宍戸留美さんがプロデュースされているアーティストの楽曲にロクセンチがアレンジ及びサウンドプロデュースで参加させていただきました。春のやさしい歌です。詳細はnewsページにて。次いでアレコレと計画中でありまして、こちらもまたお知らせします。

そしてロクラジのお話を。3月16日のロクラジは第66回ということでロクセンチ大質問スペシャルを計画しております。
Q なんでナカヤンはカエル好きなの?
→学生時代似てるといわれてから親近感を持ち始めた
Q 緑色が好きなのはカエルが好きだから?
→どうかわからないけれど、昔から何かと自分で色を選ぶときに緑を選んでいた覚えが。自転車(現在含め過去3台緑色)ブロッケンJr.、ルイージ、などなど。それで、ああぼくは緑が好きだったんだ、と後になって気づいた
といった、まっことどうでもいい質問からあなたが今気になってる謎や人生のアンサー(なんだそれ?)まで、ふるってお寄せください。もう明日明後日なので、読んだらすぐとにかくなんでも送る方式でinfo@6-cm.comかメールフォームまで!。大質問スペシャル!なんてうたっておいて、実際にはあまり質問がなかった、なんてことになると実にかわいそうなのでありまして、ロクラジメール職人の方々、つい先日たまたまロクセンチを知った方々、ふるってぜひご協力下さいな。

最後にソロ弾き語りワンマンライブひとりナカヤンについて。東京は6月上旬になりそうでありまして来週にはわかるかと。その時期はもう初夏、ということで、春のひとりナカヤンとしては4月20日(土)の京都sole cafeのみの開催となります。春の季節をうたった歌は京都で、東京は夏の季節を先取りする歌をお届けする予定です。京都は桜の時期とゴールデンウィークとの谷間の時期で、比較的お宿も取りやすいのだそうで、久しぶりの京都めぐりも兼ねましてぜひお越しくださいな。もちろん京都近郊在住の方々もお待ちしておりますよ!

そんなわけでホワイトデー、何もお返しできなかったですが、つくりかけ音源などなどお楽しみいただけたら幸いです。また来週。それまで、カフンッッ!に負けず、すこやかに。