ロクセンチ

セルフライナーノーツ



「READY! STEADY!」

「READY! STEADY!」はロクセンチの2枚目となるフルアルバムです。 前作のミニアルバム「rabbit song」以降のロクセンチがぎっしり詰まってます。

この2年あまりの間、ロクセンチにはたくさんの大切な出会いがありました。 ひとりひとりとの幸せなつながりによって、収録されている楽曲たちは生まれました。

そして、なかでもベースギター宮本倫和のロクセンチ加入は非常に大きなトピックとなりました。
大海原を突き進むための船のスクリューが3枚になった、という例えだけでは言いきれない、何か新しい推進力となってくれる存在は、ロクセンチを大きく前進させました。「READY! STEADY!」という、これまでに比べて躍動的となったアルバムタイトルも、宮本、山田、ぼくの3人だからこそつけることができました。

READY! STEADY!

位置について、用意!

レコーディングは2010年初頭、それぞれの楽曲に合わせてスタジオを変えながら収録しました。
これまで以上にピアノとベースがそれぞれリードパートのように反応しあうアレンジを意識し、歌はよりナチュラルに情感を優先したテイクを選びました。 また今回のアルバムの大きな特徴のひとつとして、ゲストミュージシャンたちの熱のこもった歌、演奏があります。

the Soulの村井清崇、元サスケの北清水雄太、ラブハンドルズの若林利和、溝下創、ライブの現場で知り合った大切な仲間たちが、二つ返事で忙しい時間の合間を縫ってレコーディングに協力してくれました。参加してくれた各曲はもともとイベントでそれぞれにあてて書いた歌だったこともあって、埋まるはずのないピースが埋まってしまったような素敵な完成形はこれまでにない、つくり手冥利につきる感動のトラックとなりました。

「READY! STEADY!」にはうしろに続く言葉があります。

READY! STEADY! GO!

3つ並べて語呂のいいはずなのに、アルバムタイトルにあえて「GO!」がないのには2つの理由があります。

そのうちのひとつは勘の良い方はこれまでの流れでもうとっくに気がついてらっしゃることと思うので、無粋を避けて書きませんが、もうひとつの理由。

この「READY! STEADY!」の10曲は、聴いてくれた人の「位置について、用意」をするきっかけになったらうれしいなあと思います。そして、位置について、用意したあとで、GO!の合図を出すのはどこかの誰かでも、ロクセンチでもなく、あなた自身であってほしいと思うのです。自分のタイミングで、息を整えて、道の向こうをとらえて。

アルバム制作にあたってはたくさんの方々に多大なる協力、アドバイス、激励をいただきました。 心より厚く御礼申し上げます、というより、感謝しても感謝しきれませんが、今回に限り、無礼であってもこういいたいです。

あいしてる!

ありがとう!

また、タイトなスケジュールの終盤、昭和基地スタジオの愛犬ハルの人懐っこい姿には何度も癒されました。次は犬が登場する曲も書くからね、ハル。 (Vo.Ag中原明彦)


  約2年間ふつふつと静かに燃やし続けてきた火種がぼわっ大きく燃えました。 作品を発表する時には少しの達成感やじわりな感動がありますが 今回はさらに深い感慨ひとしおです。この2年が長いような短いような。 バンドの環境が変わり、悲しい別れや新しい出会いもありました。 自信がまるでなくなり不安ばかりの時もありました。 応援してくれているみんなの期待に応えること、棘の道でも歩み続けていくこと を半分意地で(笑)やってきたところもあるかもしれないですが ほとんどこのアルバムを作るためだったと思ってます。

タイトなスケジュールの中で進めていたレコーディングはもちろん体力的にキツイこともあるのですが 気持ちは常に前のめりでした。誰一人音をあげず、休まず、最後まで粘った結果 荒削りなところもありますが心のこもったあたたかいアルバムになったと嬉しく思っています。 アルバム制作に熱くつきあってくださったアーチスト、プレイヤー、エンジニア、関係者のみなさん、 そしてなによりこのアルバムを楽しみに待っていてくれたみなさん。 できました。ほんとうにありがとうございます。 (Pf.山田貴子)


  これまでロクセンチが歩んで来た道。ロクセンチじゃないと歩いて来れなかった道。 そしてこれからのロクセンチが歩いて行く道。その途中参加という事もあってどういう感じで弾いたらいいのか、どういう感じを求められているのか、すごく気にしていました。いざレコーディングが始まってみればメンバーだけじゃなく演奏者、関係者、スタッフ、諸々の方々が一斉に同じ方向を見ていました。ただ「いいアルバムを作る。」という一点集中でした。 このアルバムから僕も位置につきました。ロクセンチとして。

これまでの歩みを大切にしつつ、これからの一歩を一緒に踏み出したいと思います。
 皆さん準備はいいですかー!? 僕は準備万端ですっ! (Ba.宮本倫和)




★アルバムのご感想や、この特設ページを御覧になった感想をお寄せ下さい。
こちらから→info@6-cm.com

Copyright (C) 2007 rock-senti all rights reserved.