News
Profile
Discgraphy
Live
Special

ロクセンチデビュー10周年記念

2016年2月15日(月)


10thHistoryページ

10_year_kiji_2005-10

vol.1 ~2005
vol.2 2006~2007
vol.3 2008~2009
vol.4 2010~2011
vol.5 2012~2013
vol.6 2014〜2015

間の線-3

この rocksenti 10th anniversary 10-year history ではロクセンチの10年の歩みを辿っていきます。今回はそのvol.1、2006年にロクセンチがデビューするまでのお話です。

10-year history 音声ガイド デビュー前夜
      
10-year history 音声ガイド デビュー前夜.mp3

「ロクセンチデビュー前夜」

6cm2004_2

そもそものはじまりはVo.G.中原明彦によるソロプロジェクトの最中でした。バンドスタイルのライブのためサポートとして集まったミュージシャンたちとセッションを重ねるうち、バンド化の話が持ち上がってきます。そうして生まれた前身バンド"中原明彦 with SUGARS"→”SUGARS”を経て、2004年9月より”ロクセンチ”という名での活動をスタートさせました。ロックにしては曲がセンチメンタルすぎるという由来のほか、人と人とが他人でいられなくなるギリギリの距離が6cmであり、その絶妙な距離感で音楽を届けていきたいという思いも込められています。メンバーはVo.中原明彦、Pf.山田貴子、Dr.安田司の3人。

間の線-3

ミニアルバム「continue」制作

ロクセンチとして初の音源制作に取り組んだのもこの頃です。東京田町のスタジオを拠点として当時のスタッフと共に昼夜もないままレコーディングを重ね、何度目かの朝日とともに誕生した記念すべきファーストミニアルバムがこの「continue」です。アルバムタイトルは結成のきっかけのひとつとなった同名曲「continue」から(これより前、SUGARS名義でのdemoCD"SUGARS"に同曲が収録されたため、このアルバムには未収録)。

10_year_kiji_2005-2

「continue」の初回購入特典CDには「文庫本」demo Ver.が収録されました。

♪文庫本 demo Ver.ダイジェスト.mp3


間の線-3

収録曲には当時関西テレビ「さんまのまんま」のオープニングに使用された「青春レシピ」や代表曲のひとつ「レイトショーを観にいこう」などがありましたが、このときにアルバムのリード曲としてプロモーションビデオを撮ることになったのは「my life your life」。渋谷駅周辺と箱根山中の2ヶ所でロケが行われました。ロケ当日の箱根の山は小雪の降る極寒で、撮影中も容赦なく冷たい風が吹き付けてきましたが、その甲斐あってロクセンチの初PVは壮大な風景と街のコントラストが映える素敵な仕上がりになりました。

2005_1

2005_2

2005_3


間の線-3

ロクセンチ始動

ロクセンチ以前から渋谷を中心に行っていた通常のライブに加え、ミニアルバム「continue」のリリース後は様々なライブイベントに出演しました。群馬高碕ロックフェスティバルでは雨の中「渋谷love」「本当に正解はLOVEですか?」といった激しい曲で熱い観客と一緒に拳を突き上げました。

2005_4
東京駅構内

2005_5
サンリオピューロランド

2005_6
第7回21世紀の森 野外音楽祭

2005_7
高崎ロックフェスティバル

間の線-3

レイトショーを観にいこうキャンペーン

この年の夏、”レイトショー”(遅い時間に上映すること)の名づけ親、ワーナー・マイカル・シネマズ(現イオンシネマ)のキャンペーンソングに「レイトショーを観にいこう」が選ばれました。これに伴って、すでにリリースから半年が過ぎていたファーストミニアルバム「continue」から急遽「レイトショーを観にいこう」がシングルカットされました。「ポプラ」「夕凪オレンジ」といったソロやユニット時代の曲のほか、付属のDVDには当時のワーナー・マイカル・シネマズ全面協力のもと、東京新百合ヶ丘の劇場で撮影したPVが収録されました。

10_year_kiji_2005-5

2005_8

2005_9

2005_10

10_year_kiji_2004_566

この「レイトショーを観にいこう キャンペーン」では日本全国にある40ヶ所以上の劇場すべてでのライブを敢行しました。北海道から九州まで各所で編成を変えながらも、多くはVo.中原明彦とマネージャーによる2人旅で全国の劇場を回りました。途中さまざまな困難がありながらも、あたたかく迎えてくれた各会場のお客さん、ワーナー・マイカル・シネマズのスタッフのみなさんのやさしさに支えられて、東京多摩センターでのクリスマス追加イベント含む全43ヶ所でのキャンペーンは無事終了しました。
後にこの「レイトショーを観にいこう キャンペーン」がきかっけとなり、翌2006年のデビューとつながっていきます。

2005_11

2005_12

2005_13

間の線-3

「レイトショーを観にいこう」全国版

のちに全国発売されたシングル「レイトショーを観にいこう」全国版。ファーストミニアルバム「continue」に収録されていなかった同名曲「continue」が収録されました。

10_year_kiji_2004_5-7

「レイトショーを観にいこう」全国版の初回購入特典CDには「ふたり」demo Ver.が収録されました。

♪ふたり demo Ver.ダイジェスト.mp3


間の線-3

vol.1 ~2005
vol.2 2006~2007
vol.3 2008~2009
vol.4 2010~2011
vol.5 2012~2013
vol.6 2014〜2015


rocksenti 10th anniversary スペシャルイベントの情報はこちらをご覧ください。



間の線-2