News
Profile
Discgraphy
Live
Special

ロクセンチデビュー10周年記念

2016年3月2日(水)


10thHistoryページ

10_year_kiji_2008_9-1

vol.1 ~2005
vol.2 2006~2007
vol.3 2008~2009
vol.4 2010~2011
vol.5 2012~2013
vol.6 2014〜2015
間の線-3

この rocksenti 10th anniversary 10-year history ではロクセンチの10年の歩みを辿っていきます。今回はそのvol.3、2008~2009年までのお話です。

10-year history 音声ガイド 2008~2009
      
10-year history 音声ガイド 2008~2009.mp3

2008年

新たなスタート

2008_1

デビューからの慌ただしかった1年半を越え、ロクセンチはあらためてひとつひとつの制作、レコーディング、ライブイベント制作について考え、取り組みはじめます。まずは新曲の制作からスタートしました。そして、その生まれたばかりの新曲たちをすぐさまライブでお届けするため、1月~4月まで東京下北沢440で4ヶ月連続のワンマンライブを開催。
山田のソロピアノからはじまり、新曲や中原の弾き語りで締めくくるセット構成など、新たな試みが盛り込まれた内容でした。

間の線-3

2008 春

2008_2
2008.4.13 Troubadour Night X@大阪フェスティバルホール

2008_3
2008.4.29ロクセンチのマンスリーライブvol.4「 春の2時間スペシャル!」@下北沢440

間の線-3

「rabbit song」制作

6月、それまでドラムを担当していたメンバー、安田司の脱退が発表されました。それぞれの道へ進むことが決定してからは、新体制で夏のリリースに向けての制作が進められました。これまでに録音の進んでいた楽曲に加えて、新たに数曲が書き下ろされ、その中から選ばれた「rabbit 」を軸に構成したのがミニアルバム「rabbit song」です。様々な変化のなかで、ロクセンチは新たなスタートを切ります。そこにはたくさんの方々の応援と、そしてエンジニア、スタッフ、ミュージシャンをはじめとする周りの方々の惜しみない尽力がありました。

10_year_kiji_2008_9-20

2008_26

2008_5

間の線-3

「rabbit song'08」

ミニアルバム「rabbit song」の名を冠したロクセンチ初の東阪ワンマンライブツアー「rabbit song'08」。 白の衣装、まっさらな気持ちで臨んだツアーは、アコースティックコーナーを間に挟みつつ、ライブサポートに迎えたドラムス・窪野元、ベース・宮本倫和と絡み合う新鮮なバンドアンサンブルも印象的な、新たなロクセンチの幕開けとなるライブでした。

2008.11.10@東京 渋谷O-Crest
2008_10

2008_11

2008_12

2008.11.17@大阪OSAKA MUSE
2008_15

2008_16

2008_8

現在ではロクセンチの定番グッズとなった”オリジナルトートバッグ”のリニューアルもこのツアーから。メンバーによるアイデアと監修によって毎回様々なデザイン、サイズで制作されています。好評をいただいたこれは通称「うさトート」。また「rabbit song'08」の来場者には全員に特典としてdemoCDが配布されました。「rabbit song」リリースに前後してプリプロダクションが行われ、後に2nd アルバム「READY!STEADY!」に収録されることにもなる「hey hey」と「持ちましょうか」のdemo ver.が収録されました。

♪hey hey demo Ver.ダイジェスト.mp3


♪持ちましょうか demo Ver.ダイジェスト.mp3


間の線-3

「どこでもライブシリーズ」スタート

「rabbit song'08」終了後、ロクセンチとしての新たな試みが次々に始まっていきます。その先駆けとなったのが”ロクセンチどこでもライブシリーズ”。普段ライブが行われる会場とは違うさまざまな場所、いろいろなシチュエーションで一緒に音楽と空間を感じ、楽しむライブイベントです。そのVol.1の会場には、東京の下町を走る都電荒川線の車内が選ばれました。その名も「しわすグルーヴィン荒川線」。揺れる車内でのライブは困難ながらも独特の雰囲気と一体感に好評を得て、その後現在まで年末の恒例企画となっています。

2008_18

2008_19

2008_25

2008_17

2008.12.27「しわすグルーヴィン荒川線」@都電荒川線

間の線-3

2009年

現在のロクセンチに繋がる新企画や新コンテンツが続々生まれていきます。

間の線-3

ロクセンチネットラジオ「ロクラジ」スタート

1月、ラブハンドルズのネットラジオ「吐息でネット」にゲスト出演したロクセンチは、そのリラックスした自由なスタイルに感動し、メンバー自らが発信するラジオに魅力を感じます。

2009_4
2009.1.30 ラブハンドルズ 溝下 創氏のスタジオ件自宅にて

そして2009年の3月より、毎月3回、6のつく日に更新されるロクセンチのネットラジオ「ロクラジ」がスタートしました。メンバーのフリートークやライブ情報をはじめ、時に様々なゲストも迎えながら、ここからいくつものコーナーや人気企画が生まれています。現在もHPのRADIOにて好評配信中です。

第一回の放送
ロクラジ第1回前半

♪ロクラジシーズン1 第1回(前半).mp3

(当時のロクラジはロクラジシーズン1にてお聞きいただけます。)

間の線-3

2009年冬~春

「rabbit song」以降バンド編成でのライブが増えていくとともに、そのリハーサルでは次作を見据えた多様な楽曲アレンジの構築も同時に進められました。構成からリズムに至るまでライブ毎に変わるハードなトライアルがこの時期続けられましたが、強力なライブサポート陣たちがこれに応え、ロクセンチのサウンドを一緒に模索してくれました。

2009_1

2009_3
2009.2.21@神戸チキンジョージ

写真右はこのときはじめてライブサポートメンバーとして参加してくれたベース・中村カツオ(from TheLOVE)。写真中央はドラムス・窪野元。

2009_5
2009.3.15「うたのすべて」@渋谷BOXX

このときからライブサポートにはドラムス・高インボム(写真左から2番目)が加わっています。写真右はベース・宮本倫和。

2009_8
2009_34
2009.4.7「ポケットに春をつめこんで」@晴れたら空に豆まいて

ライブサポートはドラムス・古島知久(写真左)。写真右はベース・宮本倫和。

2009_6
当日ライブ会場にてプレゼントされた「春の新生活応グッズ、ロクセンチ特製パスカバーステッカー」

2009_7
2009.5.3>>TARGET SHOOTER 02<<@Shibuya DUO -Music Exchange

間の線-3

銭湯でのライブイベント

昨年末の都電荒川線に続く"ロクセンチどこでもライブシリーズ"のVol.2の会場は東京杉並区浜田山の銭湯「浜の湯」。そこは昔ながらの銭湯ならではの高い天井、ペンキ絵、番台、浴槽と、昭和のあたたかさがそのまま残っていました。湿気大敵の楽器には過酷な環境でしたが、中原の声はこれ以上ないほどのリバーブで会場全体に響き渡りました。とても親切にしてくださった浜の湯さんに、その後も度々お世話になることになります。

2009_12

2009_13

2009_14

2009_09
2009.6.14「みなずき リバーヴィン 浜の湯」@浜の湯

2008_24
当日特典の「ロクセンチ特製てぬぐい」のデザイン

2009_15

間の線-3

2009 夏~秋

様々なイベントに出演する中、いよいよロクセンチ主催イベントの新シリーズがこのときスタートします。ロクセンチ秋の好評企画となった「ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ」です。

間の線-3

2009_31
2009.7.30 GARDEN OPENING EVENTS“Shimokita Moon Delight”@下北沢GARDEN

2009_24
2009.8.12 POP OF THE EAST Vol.8ー PIANO VACATION ー@Shibuya O-EAST

2009_27
2009.10.12 「素敵な1日」@大阪 南堀江 Knave

2009_30
ラブハンドルズ3rdアルバム先行リリースパーティー ~ 歌わずにいられない人々 ~@神戸チキンジョージ

間の線-3

「ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ」スタート

10_year_kiji_2008_9-30

ロクセンチすきなひととやるライブシリーズとは、その名の通りロクセンチがすきなアーティストをお迎えして、企画段階から一緒にアイデアを吟味し練り込んでいく濃密な2マンライブイベントです。はじまったのは2009年の夏。気の置けない仲間ゆえ熱の入ったそれぞれのパフォーマンスはもちろんのこと、合作曲やシャッフルバンドのほか、一夜限りで結成される混合バンドも見所となり、恒例の人気企画となりました。

Vol.1 ロクセンチはtheSoulがおすき

2009_16
2009.7.4「ロクセンチは theSoulがおすき」@下北沢440

2009_17

ロクセンチすきなひととやるライブシリーズの記念すべきVol.1にお迎えしたのは「theSoul」。兄弟のように息の合ったコーラスワークと清々しいライブパフォーマンスでした。このときの混合バンド名は「ザソセンチ」。書き下ろされた新曲「たまねぎ」はその後のロクセンチの定番の一曲となりました。またVo.の村井清崇さんにはこれ以後のアルバムレコーディングで度々コーラス参加してもらっています。

間の線-3

Vol.2 ロクセンチは雄太がおすき

2009_33
2009.8.28「ロクセンチは雄太がおすき」@下北沢440

2009_19

ロクセンチすきなひととやるライブシリーズVol.2のお相手はサスケの北清水雄太さん。長年数々のイベントで共演し、プライベートでもメンバーと親交が深かったにもかかわらず2マンイベントはこの日が初。生まれた混合バンドは「(北)ロク清水セン太」。この日のコラボレーション曲「まぼろしの歌うたい」はその後2nd アルバム「READY!STEADY!」に収録、コーラスとしてレコーディングにも参加してもらいました。

間の線-3

Vol.3 ロクセンチはラブハンがおすき

2009_20
2009.9.23「ロクセンチはラブハンがおすき」@下北沢440

2009_21

ロクセンチすきなひととやるライブシリーズVol.3のお相手はラブハンドルズ。企画発足のきっかけとなったバンドです。この後毎年出演してもらうことになりますが、初年度から実に濃密なコラボレーションでした。混合バンド名は「ロクセンドルズ」。書き下ろされた曲は「my sweet honey」(2nd アルバム「READY!STEADY!」に収録 ラブハンドルズ ギター溝下創プロデュース)

間の線-3

番外編 ロクセンチはみんながおすき

2009_28
2009.10.24「ロクセンチはみんながおすき」@下北沢440

2009_29

ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ 番外編のお相手はいつも応援してくれている「みんな」。お客さん兼出演者となってもらい、この年スタートしているロクセンチのネットラジオ「ロクラジ」を通して企画内容を詰めコラボレーションしたスペシャルイベントとなりました。混合バンド名は「ロクミンチ」。この日のために歌詞のイメージやアイデアを募集し、書き下ろされた曲は「今日が終わってしまう前に」(2nd アルバム「READY!STEADY!」収録)

♪オープニングセッションための教材「もみじ」.mp3


間の線-3

Vol.4 ロクセンチはサイモンがおすき

2009_22
2009.11.23「ロクセンチはサイモンがおすき」@下北沢440

2009_23

ロクセンチすきなひととやるライブシリーズVol.4のお相手は磯貝サイモンさん。以前よりよく知る、年の離れた弟のようでいて実はロクセンチとほぼデビュー同期となる、抜群のポップメーカー&プレイヤー。混合バンド名は「磯ロク」。共通ワード3つを歌詞に織り込んでそれぞれがこの日のために曲を書き下ろしました。このときの曲「ずるホリデー」は3rd アルバム「Rainy Step」に収録。

間の線-3

2009 冬

2009_35
2009.12.23“クリスマススペシャルフリーライブ”@三井アウトレットパーク 多摩南大沢

久々となるフリーライブイベント出演。震える寒さの中、たくさんの方と一緒に楽しむことができました。このイベントがきっかけとなり、その後、ここ多摩南大沢をはじめとする多くの場所でフリーライブを開催していきます。

2009_36

2009_37
2009.12.26ロクセンチどこでもライブシリーズvol.3 「しわす グルーヴィン 荒川線 2009」@都電荒川線

前年の好評を受けて再び開催された「しわすグルーヴィン荒川線」。これ以後年末の恒例イベントとなります。この年は多くのライブでサポートしてくれたドラムス・窪野元とベース・宮本倫和が途中乗車するというサプライズもありました。
支えてくれた仲間たちと、応援してくれたみなさんと2009年最後のライブを締めくくり、ロクセンチは次の年の重要な計画に向けて、大きな力をもらいました。

間の線-3

vol.1 ~2005
vol.2 2006~2007
vol.3 2008~2009
vol.4 2010~2011
vol.5 2012~2013
vol.6 2014〜2015

rocksenti 10th anniversary スペシャルイベントの情報はこちらをご覧ください。



間の線-2