News
Profile
Discgraphy
Live
Special

ロクセンチデビュー10周年記念

2016年6月23日(木)

10th_Releaseページ

Best Selection Album『rubbed songs』

rubbedsongs_jacket

Best Selection Album『rubbed songs』/ ロクセンチ

「ロック」×「センチメンタル」 = 「ロクセンチ」のデビュー10周年記念ベストセレクションアルバム。 HP投票を元に選ばれた楽曲を新たにレコーディング、さらに新曲「10年後」を加えた全15曲を収録。

<収録曲>
1  10年後
(新曲)

2  レイトショーを観にいこう
(3rd シングル「レイトショーを観にいこう / my life your life」両A面・1st アルバム「rainbow story」・ミニアルバム「continue」・マキシシングル 収録曲)

3  rabbit
(ミニアルバム「rabbit song」収録曲)

4  今を旅する者たちへ
(3rd アルバム「Rainy Step」収録曲)

5  かにあるき
(2nd アルバム「READY! STEADY! 」収録曲)

6  ビオラ
(1st アルバム「rainbow story」収録曲)

7  You don't have to be Perfect
(3rd アルバム「Rainy Step」収録曲)

8  渋谷love
(1st アルバム「rainbow story」収録曲)

9  Having a good time
(4th アルバム「Rag & Safety blanket」収録曲)

10 つぼみ
(3rd アルバム「Rainy Step」収録曲)

11 今日が終わってしまう前に
(2nd アルバム「READY! STEADY! 」収録曲)

12 たまねぎ
(2nd アルバム「READY! STEADY! 」収録曲)

13 夕凪オレンジ
(2nd シングル「夕凪オレンジ」・1st アルバム「rainbow story」・マキシシングル「レイトショーを観にいこう」収録曲)

14 hey hey
(2nd アルバム「READY! STEADY! 」収録曲)

15 マドレーヌ
(1st シングル「マドレーヌ」・1st アルバム「rainbow story」収録曲)


発売日:2016年7月23日
価格:¥2,500+税
品番:FNCD1006
FROG & NOTES

☆超先行販売:2016年6月25日ライブ会場 東京 大塚Hearts+にて

☆2016年6月25日(土)Day rock-senti 10th Anniversary『10周年記念アルバムレコ発ワンマンライブ(仮)』へお越しいただいたみなさま全員にこの Best Selection Album『rubbed songs』をプレゼントいたします!

■2016年6月25日(土)Day rock-senti 10th Anniversary
『10周年記念アルバムレコ発ワンマンライブ(仮)』 @東京 大塚Hearts+

イベントの詳細、チケットのご予約はライブページをご覧ください。

間の線-3

愛されて、撫でられて、磨かれた歌たち。〜rubbed songsについて〜

おかげさまでロクセンチの10周年記念盤が無事プレス工場へと旅立ちました。マスターアップのこのひととき、思いに任せて書きます。乱文お許しください。

このアルバムは今年のはじめに10周年のスペシャルページにて募った「ロクセンチこの1曲」に投票いただいた楽曲を元に構成したロクセンチのベストセレクションです。デビュー前のミニアルバム「continue」から近作「Rag & Safety blanket 」に至るまでに生まれた楽曲たちに10年分の感謝の気持ちを込めて、新たにレコーディングを行いました。

当初は多数の投票をいただいたものからライブレコーディングした数曲をパッケージしたもう少しフットワークの軽い作品となる予定でしたが、投票に添えていただいた楽曲への想いを読ませてもらううち、ライブやそれぞれの日常で一緒に育ててきた歌たちの今を、可能な限り一曲でも多く収録したいと思うようになり、最終的には実質CDに収録できる限界の全15曲となる大作になりました。内容もこの10年のライブの中で生まれた弾き語りVer.やバンドVer.、新たにアレンジを施したものまで多種にわたり収録しています。

アルバムタイトル「rubbed songs」について少し。loveと聴感の変わらないrubとは磨く、撫でる、こする、といった意味です。レコーディング中、それぞれのオリジナルバージョンをレコーディングした時のことを思い出しました。生まれたての楽曲たちがライブの空間で実際にみんなと直接触れ合ったことによって起こった変化、エイジングのようなものを感じてもらえたらと「rubbed songs」というタイトルを選びました。ロクセンチのセルフプロデュースのスタートであったミニアルバムのタイトル「rabbit song」のスペルが年々徐々に変化していって「rubbed songs」となったようにも見え、そういうのが好きな僕は大変気に入っております。紛らわしいかもしれませんがどうぞご容赦下さい。

ロクセンチの全ての楽曲の中から今回代表して収録された楽曲たち、オリジナルバージョン、今回のrubbedバージョンともに末永く可愛がっていただけたらうれしいです。そして今回惜しくも選にもれたシングル曲、アルバム曲、未収録曲についても、生みの親として次のチャンスを!と願わずにはいられません。rubbed songs2、3、4・・・と並ぶその時まで、育ての親のみなさん、今後ともどうぞよろしくご指導ごべ、いや、一緒に楽しんで可愛がってあげて下さいな。

最後に、アルバム制作には多くの方に多大な尽力をいただきました。投票で選曲に加わって下さったみなさん、レコーディングエンジニア、スタッフ、ミュージシャンをはじめとするたくさんの方々に、心より感謝申し上げます。少しでものお返しと着想した10周年記念盤でお返しどころかまたもお心をいただいてしまったことに今さらながら呆然としつつ、また次の10年後へと一歩づつあゆみを進めていこうと思っています。そのためにも「まずは今日 なにするかだ」です。

中原明彦

間の線-3