News
Profile
Discgraphy
Live
Special

山田貴子 やまだblog

山田貴子 やまだblog > ロクセンチどこでもライブシリーズvol.22『やよい ドライヴィン LIVE BUS』のすすめ
2018年2月16日(金)

ロクセンチどこでもライブシリーズvol.22『やよい ドライヴィン LIVE BUS』のすすめ


”ロクセンチどこでもライブシリーズ”は、ライブハウスから飛び出して、普段はライブが行われないような場所で音楽を一緒に楽しみたい!という思いからいろいろな場所でシチュエーションで、不定期に開催しているライブイベントです。
都電荒川線車内にはじまり、銭湯、学校、古書店、レコーディングスタジオ、彫刻家平櫛田中邸アトリエなどのほか、昨年は重要文化財 自由学園 明日館で開催し、それぞれの独自の雰囲気とロクセンチの音楽とでつくられる異空間でのライブは毎回とっても楽しみなのです。

そして、今春、あらたな場所で公演が決まりました。

2018年3月10日(土)
ロクセンチどこでもライブシリーズvol.22
『やよい ドライヴィン LIVE BUS』
会場:LIVE BUS

なんと!バスの中で開催することになりました。都内を走るライブバス車内です。
初めてのことですので、スタッフ共々しっかり下見をしてきました。
いくつかの写真と合わせてご覧ください。



外見は普通の路線バスのようにみえます。
いざ、乗車すると、、、、



おお?!



わ!これは!

ライブバスというのは、そういうことでした。
なるほど、ステージ、客席、照明、音響。ライブに必要な諸々が揃っているではありませんか。
ではもう少し細かいところまで見てみましょう。


客席は、、うむ。すわりごこちよしです。


しっかりめのドリンクフォルダーもあって安心。ゆったり楽しんでいただけそうです。


走るライブバスは揺れにもしっかり対応。
床に立てなくてもいいマイクスタンド、支えになるポールも設置されていて安全も確保。


以前は実際に使用されていた路線バスを改造しているため、名残りのつり革。ふと牧歌的です。



ステージ周り、客席そのすべてに、安全性はもちろん、こだわって作られたライブバス、その独創性に興味深深。 担当者の方のお話もとても楽しくて、気がつけば1時間を超えてライブバス(の下見)を堪能していました。 わくわくします。たのしいイメージがふくらみます。

春がはじまる季節、東京都内を走るライブバス車内でのライブ。
ロクセンチどこでもライブシリーズvol.22『やよい ドライヴィン LIVE BUS』へぜひお越しください。一味も二味も違うステージをぜひ一緒に楽しみましょう!

2018年3月10日(土)
ロクセンチどこでもライブシリーズvol.22
『やよい ドライヴィン LIVE BUS』』
会場:LIVE BUS(都内を走ります
OPEN / START:
集合時間:13:50(予定)東京駅 周辺(後日メールにてご案内いたします。)
出発時間:14:00(乗車時間およそ1時間半)
ticket:4,500円 ※整理番号がございます。
ご予約:2月18日(日)お昼12:00〜受付開始ticket

席数が限られており、チケットは限定数発行となります。
限定数に達し次第受付終了となりますのであらかじめご了承ください。

◇詳細はライブページをご覧くださいね。