News
Profile
Discgraphy
Live
Special

山田貴子 やまだblog

2017年4月9日(日)

『そこにピアノがあるのなら』@吉祥寺 曼荼羅


rock-senti presents『そこにピアノがあるのなら』。タイトル通り曼荼羅のステージには年季の入ったグランドピアノが鎮座していました。
サウンドチェックに入る時、白髭の仙人の風貌をしたおじいさんがピアノ弦の間からにゅうっと出てきて、「さあ、山田よ、思う存分歌を聴かせなさい。」なんて諭されるような、そうでないような。
とにかく今日1日付き合っていただく曼荼羅のピアノにイベントの成功を誓い、気合を入れました。

お迎えした北清水雄太さん、野村太郎さん、mogmoco、そしてナカヤンも、ともかくも素晴らしい歌をうたうことは間違いないわけで、それ以上に気持ち良く楽しみながらうたってもらえることだけを考えてステージに臨みました。 演奏中は、このご縁に感謝しつつ、「やっぱりこの人たちは偉大だぁ」としみじみしながら弾くことになりました。
いやー、想像を超えて楽しいイベントになりました。 満員御礼!
お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!
それぞれのセットリストを挟みつつ、レポートしたいと思います。

最初に登場したのはmogmocoです。

mogmoco1

mogmoco セットリスト

1 やつらの足音のバラード[by かまやつ ひろし]
2 Cabret[ミュージカル Cabretより]〜 I move on[ミュージカル Chicago(シカゴ)より]メドレー
3 His eyes on the sparrow[Gospel music]
4 What a wonderful world[by Louis Armstrong]
5 Mercy, Mercy, Mercy[by Cannonball Adderley Quintet]

ロクセンチのアルバムにはずっと彼女達の声が録音されてきました。 私個人としては古くから友人として、音楽の先輩として長年お付き合いさせていただいていて、いつか一緒にイベントができたらと、ずっと思っていました。今回念願叶いました!笑いあり、しっとりもあり、かっこいいもありのステージング、圧倒的なボーカルとハーモニー。さすがでした。

mogmoco2


すっかり会場があたたまったところで、野村太郎さんのステージが始まりました。

taro

野村太郎セットリスト

1 Raindrops Keep Falling On My Head[by B. J. Thomas]
2 She[by Elvis Costello]
3 恋人よ[by 五輪真弓]
4 LOVE LOVE LOVE[by Dreams Come True](with mogmoco , 中原明彦)
5 遥かなる道の途中で(with 中原明彦)
6 歩道

あらためてすごいセットリストです。60年代のアメリカンポップスから始まって、男の色気を存分に味わってからの昭和歌謡最高峰へ、そして出演者たちをコーラス隊に迎えて大スケールでお届けしてから、じっくりとオリジナルのバラード。
ボーカリストとしての幅広さに、脱帽です。太郎さんの伸びやかな歌声に酔いしれました。

taro2


少しの休憩を挟んで、後半ステージは北清水雄太さんのステージから。サスケが再結成するまでソロで活動していた頃の楽曲やナカヤンとの共作曲を含めて、心の込もった歌を聴かせてくれました。

yuta1

北清水雄太(fromサスケ)セットリスト

1 ベイビーアイラブユー
2 どんなときも。[by 槇原敬之]
3 because(仮)(with 中原明彦)
4 泣き虫ボクサー(with 中原明彦)
5 カイト

「ベイビーアイラブユー」は2011年にロクセンチがレコーディングのお手伝いをさせていただいた曲で、当時のことを思い出して、ジーンときてしまいました。そしてみんなでうたった「どんなときも。」は心ウキウキ。ナカヤンとの共作2曲は2008年作と2016年作。2人のシンガーソングライターの思いに胸が熱くなりました。

yuta_naka


そして最後は中原明彦(fromロクセンチ)。ロクセンチの最新曲からカバー曲、さらには出演者全員とそれぞれのコラボレーションもあり、贅沢なハーモニーにワクワクしました。

6cm


中原明彦(fromロクセンチ)セットリスト

1 ソラシドレ
2 missing[by 久保田 利伸]
3 食べさせタイ
4 すきになったら(with mogmoco)
5 健康と平和(with 野村太郎, mogmoco)
6 まぼろしの歌うたい(with 北清水雄太)

6cm_taro_mogmoco

6cm_taro_mogmoco2

6cm_yuta


最後は全員集合、mogmoco主導で会場を盛り上げてくれました。

joy1

お腹痛くなるほどに笑ってうたいました。ジョーイ!!
Session Joy To The World [by Three Dog Night]

出演者の方々や、お越しいただいたみなさんにご好評をいただきまして、 とても嬉しかったです。またいつか、いいタイミングを見計らって企画できたらなと思っています。

joy3


さあて、ここからは今春から始まった新しいシリーズや、ロクセンチデビュー11周年にまつわるワンマンライブがドンデンダン!と決まっておりまして、またみなさんと盛り上がりたいと、そう思っております。ぜひお付き合いくださいね!

【ライブ情報】
■2017年5月6日(土)・7日(日)@東京 南青山MANDALA
ノジマケンジとロクセンチの 言と音(こととね)諳(そら)の物語
『ケロのソラシドレ #2』
Act:野島健児 / ロクセンチ

■2017年5月13日(土)@大阪 心斎橋 LIVE bar 酔夏男
rock-senti 11th Anniversary
ロクセンチワンマンライブ『うた・ピアノ・ギター・うた』
Act:ロクセンチ

■2017年5月14日(日)@ 愛知 犬山 swan’s cafe
rock-senti 11th Anniversary
ロクセンチワンマンライブ『11周年がまたもや待ちきれない』
Act:ロクセンチ

■2017年6月10日(土)@東京 下北沢440
rock-senti 11th Anniversary
ロクセンチワンマンライブ『響かせタイ』
Act:ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。
2017年3月20日(月)

『ケロのソラシドレ #1』 〜さくらからはじまるソラシドレ〜@下北沢440


C7XvbymVwAAq5S6

ノジマケンジとロクセンチの 言と音(こととね)諳(そら)の物語『ケロのソラシドレ #1』 〜さくらからはじまるソラシドレ〜でした。

詩と音楽、朗読と演奏が寄り添いながら、混ざりあいながらひとつの物語を紡いでいくことがどんな世界になるのか、文字通りにどきどき、わくわくしていました。

さあ当日。緊張と緩和、表現の深さと幅、濃い時間の流れ。すべてがいろいろに想像していたものよりも、おおきかった。ひとつの大きな波のようなうねりに、会場のみなさんと野島健児さんとロクセンチがいて、ぐるぐると渦を巻いているような感覚になるような、濃密な表現の時間を過すことができました。
じっくり楽しんでいただけてたなら嬉しいです。お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!!

<朗読詩と楽曲のセットリスト>

朗読1 さくらからはじまるそら
m1 さくら
朗読2 ソメイヨシノ
m2 春空
朗読3 空が恋の色に染まる頃
m3 すきになったら
朗読4 カエルかえるとき
m4 はやくかえろう
m5 文庫本
m6 食べさせタイ
m7 きみの声がききたい
朗読5 葉桜(仮)
m8 ソラシドレ(仮)
朗読6 料理に大事なソラシドレ
m9 たまねぎ
朗読7 時の結び目
m10 ビオラ
朗読8 はじめのおわりおわりのはじめ
m11 引越しの歌
m12 週末は2人でゲームでもしよう

今回のプログラムの中で野島さんが書き下ろした2つの朗読詩のうちのひとつ、「カエルかえるとき」ではナカヤンと野島さんの掛け合いの朗読が盛り込まれました。 ナカヤンは朗読初挑戦となりまして、本人リハーサルのときにはそわそわしていましたが、本番はいい雰囲気ですんなりと読むことができました。 野島さんがナカヤンの声や間を想像しながら書いてくださったとのことで、なるほどぴたりでした。

ナカヤンは新曲「ソラシドレ(仮)」と朗読詩「葉桜(仮」を書き下ろし、山田は朗読に合わせて弾くピアノの小曲を数曲つくりました。
準備はいろいろあるけれど、その中であたらしい挑戦をすることがででき、そして本番当日にはそれをみなさんと一緒に楽しむことができたら、もう最高です。

春に始まった音楽と詩のあたらしい世界、さて次はどんな物語が表現されるのか、今後もご期待くださいね。

■2017年5月6日(土)・7日(日)@東京 南青山MANDALA
ノジマケンジとロクセンチの 言と音(こととね)諳(そら)の物語
『ケロのソラシドレ #2』~オン読みのガク紫陽花~
Act:野島健児 / ロクセンチ
一般チケットはのじまーけっとにて販売中です。
2017年2月26日(日)

『きさらぎ リバーヴィン 明日館』@明日館ホール 


20170226_1274

都会のビル群の中にひっそりと佇む明日館の上には広く夜空が広がっていました。
磨かれた古い木の肌触りや高い天井に響く足音は自分が過ごした学生時代、毎日当たり前にあったものでした。懐かしくもあり、少し切ない気持ちになる明日館、ステキなところでした。
お越しいただいた皆さんありがとうございました。

ロクセンチセットリスト

1 文庫本
2 オルゴール
3 rain(by 大江千里)
4 Amazing Grace
5 食べさせタイ
6 幸せになっちゃえよ
7 レイトショーを観にいこう
8 春空
9 マドレーヌ
10 Having a good time
11 まぼろしの歌うたい
12 たまねぎ
13 明日の見える場所
En ブラウニー

20170226_4671

皆さんが一緒に歌ってくれたコーラスや手拍子も明日館にリバーヴィンしていました。 学舎だったこの場所で女学生たちもこんな風に賛美歌をうたっていたのかな、、、なんて思い馳せながら演奏しました。あたたかい雰囲気の中、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
2017年2月5日(日)

『おおつかはうたう』@大塚Hearts+ presents


今年に入って初めての大塚Hearts+はゆったりじっくりと音楽を楽しめるようなイベントになりました。 お越しいただいたみなさんありがとうございました。 昨年ロクセンチのデビュー10周年のイベントをやらせてもらったときにはわいわいとお祭り騒ぎでしたが、落ち着いた雰囲気もいいですね。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 レイトショーを観にいこう
3 春空
4 かにあるき
5 食べさせタイ


naka

yama

一足早く春を感じたくて「春空」がセットリストに入りました。
雪解けからひょこっと新芽が顔を出すようなイメージでイントロを弾きました。

たくさんの出演者があるイベントはわたしもみなさんと一緒になって客席で楽しめるのが嬉しいところです。
2017年1月22日(日)

オカダユータ「シリウス」レコ発ツアー@渋谷last waltz


2017年ライブはじめはオカダユータさんに呼んでいただいて渋谷へ。
昨年、大阪で初めてご一緒させていただいて以来、東京での再会を果たしました。 私たちが到着するやいなや「今日はよろしくお願いします!」と駆け寄ってきてくれて、礼儀正しく、にこやかに迎えてくれました。 オカダユータさん、気持ちのいい人です。

イベントは始終暖かな雰囲気で進んでいきました。
1番目のステージは間慎太郎さん。男臭い楽曲が並びつつ、曲の合間は照れ笑いしながらのMC。荒々しさとかわいいさが魅力的でした。

次はロクセンチのステージ。会場の和やかムードに心がほぐれ、のびのびと演奏できました。

ロクセンチセットリスト

1 バラードをうたわせて
2 Having a good time
3 食べさせタイ
4 かにあるき
5 ビオラ
6 You don’t have to be perfect
7 オルゴール

初めてご覧になるみなさんも一緒になって手拍子をしてくれたり、笑顔になってくれたり、おかげさまでホクホクな気分でライブはじめできました。
やっぱりライブは楽しいなぁ。

トリは主催のオカダユータさん。
言葉を大切に歌っているのが強く伝わってきて、気持ちもこもった素敵なステージでした。

イベントの最後には3組全員で「やさしさに包まれたなら」(by 荒井由実)をセッションしました。思いのほかロックな感じになって面白かったです。 この夜にベストマッチな選曲でした。

寒い夜にお越しいただいたみなさん、ありがとうございました!
心温まる時間をみなさんと共有できてよかったです。
今年も楽しい面白いを一緒に味わってくださいな。
よろしくお願いいたします!

FullSizeRender
(写真:ライブ後、オカダさんを挟んで)