News
Profile
Discgraphy
Live
Special

山田貴子 やまだblog

2016年4月24日(日)

Dear my friends〜vol.4〜 『ワカ・サリバンショー』@南堀江 knave


6cm (500x337)

ラブハンドルズ主催のライブイベント、 『ワカ・サリバンショー』。
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!
すてきなアーティストがたくさん出演し、それぞれの個性も光りつつ、コラボレーションも満載、全員一丸となって取り組んだ全体セッションまで、てんこ盛りのライブイベントでした。 長時間に渡って会場をあたため続けたワカ・サリバン(ラブハンドルズ・Vo.若林利和さん)、さすがです。やる男です。脱帽!
ロクセンチは盟友、ラブハンドルズが主催とのことでいつも以上に気合が入りました。 今年初バンド編成ということもあり、少しずつアレンジを加えたり、ときには突然のアレンジも加わりつつ、熱いステージをお届けできました。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 渋谷LOVE
3 You don’t have to be Perfect
4 レイトショーを観にいこう
5 かにあるき
6 hey hey
7 たまねぎ
8 抱きしめたんだ


nakaserina (500x337)
コラボレーションステージではナカヤンとSAKURAKICKのセリナさんが息ピッタリのハーモニーを披露しました。
Let It Be Me (by エヴァリー・ブラザース)

manami (500x337)
渡辺マナミさんのステージではラブハンドルズの溝下さん(Gt.)とともに山田がピアノで参戦。
しっとりと歌い上げるマナミさんにうっとりしました。

ラブハンドルズと中前りおんさんがうたった、松田 聖子「赤いスイトピー」もさわやかでしたなぁ!

rocksendles (500x337)
そして、コラボレーション最終ラウンドはラブハンドルズ×ロクセンチ=ロクセンドルズが登場しました。昨年秋にリリースしたシングル「First song」から
オキニナサラズ
First song
をお届けしました。

rocksendles_Jacket2_print
当日数量限定で再販売されたロクセンドルズ「First song」

5時間の大スペクタクルのイベントはイベントタイトルソング「Dear my friends」(ラブハンドルズ 作)を出演者全員と会場のみなさんの大合唱で幕を閉じました。
胸が熱くなるすばらしいイベントでした。

utiage (500x375)
打ち上げも全員参加して、絆がさらに増しました。またこんなすてきなメンバーとイベントさせていただけたらうれしいです。

ロクセンチは今年6月に10周年を迎えます。
6月11日@大阪 南堀江 knaveではrock-senti 10th Anniversaryスペシャルイベントとして、ロクセンチ主宰でラブハンドルズをお迎えします。
ロクセンチ、ラブハンドルズ、合同バンド”ロクセンドルズ”のステージもたっぷりやりますし、 元ロクセンチメンバーBa.宮本倫和が卒業後、初めてステージに登場するなど、これまたにぎやかなイベントになりそうです。 さらには、”ロクセンドルズ”の新譜が発表されるということで溝下さん、ナカヤンを中心として現在鋭意制作に取り組んでおります! あれもこれも乞うご期待!ぜひみなさまお越しくださいな!

■2016年6月11日(土)@大阪 南堀江 knave
rock-senti 10th Anniversary
『ロクセンチはラブハンドルズがおすき in 大阪』

ライブ情報詳細はコチラをご覧くださいね。
2016年4月10日(日)

『うづき タイムスリッピン 平櫛田中邸アトリエ』 @平櫛田中邸アトリエ


DSC_0065

どこでもライブシリーズ史上、最も歴史の古い場所でのライブとなりました。
彫刻家 平櫛田中さんが大正8年から昭和45年まで、住居兼アトリエとしてご家族と共に過ごされ、創作に励んだ場所、平櫛田中邸は人の営みのあたたかさが残る家屋では田舎の親戚の家に遊びに来たような懐かしさと人なつっこさがありました。 また、ライブ会場となったアトリエの大きな窓からは満開を過ぎた桜の木が見え、 散りゆくさくらの花びらがひらひらとステージを演出してくれました。 贅沢な時間をみなさんと過ごすことができました。お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。

セットリスト

1 春空
2 my life you life
3 食べさせタイ
4 ゴンドラの唄(カバー)
5 さくら
6 マドレーヌ
7 テネシーワルツ(カバー)
8 えらいに人になってしまおう
9 10年後
10 Having a good time
11 オルゴール
En 抱きしめたんだ

どこでもライブシリーズは特別なシチュエーションとともにロクセンチのライブを楽しんでいただこうという企画です。 途中、平櫛田中さんの驚くべきエピソードもお話しつつ、ライブを進めました。 平櫛田中さんの逸話の数々は聞けば聞く程、その創作意欲、真摯に取り組むストイックさに背筋が伸びる思いがしました。さらには 今回はタイムスリッピン!ということで、大正、昭和の時代からカバー曲を盛り込みました。 「ゴンドラの唄」は大正4年、「テネシーワルツ」は昭和27年発表された曲です。 メロディや歌詞からもその時代背景を伺うことができて、とても興味深かったです。
そしてロクセンチの春の曲も入りつつ、アコースティックならではのセットリストでお届けできました。

さて、ここからはしばらくバンド編成でのライブが続きます。6月の10周年のスペシャルイベント、今月24日にはその前夜祭のようでもある、『ワカ・サリバンショー』があります。賑やかなライブも大好物!ぜひ一緒に楽しんでくださいな!! !

ライブ情報詳細はコチラをご覧くださいね。
2016年3月20日(日)

4月24日(日) 『ワカ・サリバンショー』インフォメーションムービー


ラブハンドルズが主催するイベントが春真っ盛りの4月24日に開催されます。
さくら色のポップなフライヤーには、
「春の嵐を呼ぶ男、ラブハンドルズ・Vo.若林利和(本厄)が今年、満を持してお送りするスペシャルイベント! 巧みな司会を挟みながらお届けする各ステージに加えて、様々なスペシャルコラボレーションもおたのしみに!」
とありまして、なるほど、これは面白そうである!!
さっそくインフォメーションムービーをご覧くださいな!



ラブハンドルズは”ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ”をはじめとして、ロクセンチイベントには欠かせないアーティストであり 楽曲と腕前と気持ちの良い人柄でいつもイベントを盛り上げてくれています。
ラブハンドルズ主催 『ワカ・サリバンショー』。ロクセンチはひとはだ、ふたはだ、いくらでも脱ぐ勢いで大いに盛り立てていこうとおもっております。
豪華出演者揃う中、ロクセンドルズ(ロクセンチライブイベントで生まれたロクセンチ×ラブハンドルズの混合バンド)も出演が決定しており、 このほかにも入り乱れてのコラボレーションステージが準備されています。もう楽しめること間違いなしです!

ロクセンチとしては今年初のバンド編成でのライブでもあり、また、ラブハンドルズとは6月11日に rock-senti 10th Anniversary『ロクセンチはラブハンドルズがおすき in 大阪』が控えていることもあり ボルテージは上がるばかりです。とてもたのしみです。ぜひみなさんお越しください!

20160424flier_1 20160424flier_2

クリックすると大きい画像をご覧いただけます

2016年4月24日(日)
Dear my friends〜vol.4〜 『ワカ・サリバンショー』@大阪 南堀江 knave
*出演:ラブハンドルズ / ロクセンチ / 渡辺マナミ / 中前りおん / SAKURAKICK
*チケット:前売り3,000円 / 当日3,500円(drink別)
*OPEN / START:15:00 / 15:30

*前売りチケットご購入:ライブ会場にて販売中
*前売りチケットご予約:ticket
※ご購入チケットには整理番号がございます。ご予約の方は整理番号はございません。整列順となり、チケットお持ちの方が優先入場となります。
2016年3月18日(金)

knave presents 『Raw Life Music』@南堀江 knave


とても天気の良い3連休前の金曜日、わくわくするなぁ!いい気分だなぁ!!
あたりは暗くなり、さあさあ開場です!

で、雨降るんです。
もう、雨の呪縛は解かれたはずなのに、、、
(3rd アルバム「Rainy Step」をリリースしたころからライブの日には雨になることが多くなりました・・・4th アルバム「Rag & Safety blanket」をリリースしてもう大丈夫かと思っていたのに!)

お足元の悪い中、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。
加藤諭史さん、酒井ヒロキさんの素敵なステージのあと、この日のトリを務めさせていただきました。
雨の日には予定のセットリストに「Rainy Girl」を加えてライブスタートしました。 そしてこの季節ならではも含めたっぷりお届けできました。

セットリスト

0 Rainy girl
1 食べさせタイ
2 Having a good time
3 引越のうた
4 さくら
5 10年後
6 かにあるき
7 レイトショーを観にいこう
8 オルゴール
En 抱きしめたんだ

アンコールまでいただきました。knaveでのライブはいつもすてきな共演者と客席からのあたたかい手拍子や笑顔に心がふかふかしました。ありがとうございました!
4月、6月にもknaveでライブがあります。すごく楽しみ!ぜひみなさん遊びに来てください!

2016年4月24日(日)
Dear my friends〜vol.4〜
『ワカ・サリバンショー』
@大阪 南堀江 knave
*出演:ラブハンドルズ / ロクセンチ / 渡辺マナミ / 中前りおん / SAKURAKICK
*チケット:前売り3,000円 / 当日3,500円(drink別)
*OPEN / START:15:00 / 15:30

2016年6月11日(土) rock-senti 10th Anniversary
『ロクセンチはラブハンドルズがおすき in 大阪』
@大阪 南堀江 knave
*出演:ロクセンチ / ラブハンドルズ / ロクセンドルズ
*チケット:前売り3,000円 / 当日3,500円(drink別)
*OPEN / START:18:30 / 19:00

ライブ情報詳細はコチラをご覧ください。
2016年3月6日(日)

rock-senti 10th Anniversary 『10周年が待ちきれない』@swan’s cafe


IMG_4602 (500x372)

すてきなお店です。swan’s cafeでのアコースティックライでした。訪れるたびに魅力を増しているところがすばらしい。
今回はより生の音にこだわりましょうという店主松本くんが自ら音響をオペレーションしてくれました。 音や言葉がひとつひとつ細かなニュアンスとともに響き、おかげでとてものびのびとライブすることができました。
お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!特典CD、ロクセンチの10周年の歩みを語った10-year history音声ガイド完全版「待ちきれないトーク&ライブCD」の内容も長編大スペクタクルで収録しておりますので、ゆっくりとお聞きくださいね。

セットリストは新旧織り交ぜつつ、アコースティックならではの音響で楽曲の機微を楽しんでいただけるような内容になりました。

セットリスト

1 オルゴール
2 Rainy girl
3 you don’t have to be perfect
4 文庫本
5 ポプラ
6 まぼろしの歌うたい
7 たまねぎ
8 食べさせタイ
9  Having a good time
10 かにあるき
11 マドレーヌ
12 よくばりスパイダー
13 10年後
14 ブラウニー
15 レイトショーを観にいこう
En 抱きしめたんだ

客席とステージの境目がないからか、なんだか自分の家にみんなをお迎えしているような、うれしい気持ちで演奏しました。 また夏以降に来れたらいいねとライブ中にお話しまして、松本くんもぜひにと言ってくれました。また来ますよぅ!!わいわい!

さて、ここからもわくわくなライブイベントが盛り沢山です。 気を引き締めて充実した内容でお届けいたします。 rock-senti 10th Anniversary スペシャルページも更新中ですのでぜひご覧くださいな!