News
Profile
Discgraphy
Live
Special

山田貴子 やまだblog

2017年11月25日(土)

『11月から走りだそう』@下北沢440




ロクセンチワンマンライブ『11月から走りだそう』でした。
もう2017年もあと1ヶ月、、、バンド編成では今年最後、総まとめのライブとなりました。
秋が深まった季節に、じっくりと皆さんと一緒にライブを楽しむことができて 心がポカポカしました。寒い中、お越しいただいた皆さんありがとうございました。

セットリスト
1 もぐりこみたい
2 You don’t have to be Perfect
3 10年後
4 Having a good time
5 すきになったら
6 シチュー
7 食べさせタイ
8 雨が(仮)
9 かにあるき
10 たまねぎ
11 hey hey
12 ドンルックバック
13 明日の見える場所
14 渋谷LOVE
15 I Love You
16 まぼろしの歌うたい
17 今日が終わってしまう前に
En1 レイトショーを観にいこう
En2 抱きしめたんだ

公演途中、MCでニューアルバムを作る!走り出す!の話をさせていただきました。
今年ナカヤンはたくさんの曲を書きましたが、そのほとんどはロクセンチのアルバムに収録されない可能性があり、アルバム制作にはさらに新曲をたくさん作っていかなければならず、出来上がりの時期はなんともぉ、、、なんて言い訳が多いのですが、ともかく!新しいアルバムを、みなさんに楽しんでもらえるような作品を作りたいのです。 気長にお待ちいただけたら嬉しいです。
ああ、そんな話ができるなんて、幸せです。
みなさんに出会えて本当に良かったとしみじみ。ありがとうございます!!


新グッズ「11月から走りだそうタオル」(リハーサルスタジオにて撮影)


ライブ終了後のメンバー:左からサポートドラム高インボム、中原明彦、山田貴子、サポートベース中村カツヲ(from The LOVE)。
2017年11月15日(水)

「THE JAM」@東京 新宿JAM


11月に入り、ロクセンチは25日のワンマンライブへ向けて慌しくなってきました。
ナカヤンは新曲の製作に、山田はスタッフとともにグッズ製作にと、もろもろ準備が佳境に入っています。
今日はそれはひとまずおいといて、新宿JAMへ。ハロー青空トレイン主催のにぎやかなイベントに呼んでいただきました。

新宿JAMはビルの取り壊しとともに今年いっぱいで閉店、37年の歴史に幕を閉じるとのことでした。
思い返すと山田が数回でしたが出演していた約20年前、新宿JAMはすでにライブハウスの貫禄というか、薄暗くて、不良ぽくて、ステージに出たてのころの若山田にとって”ライブハウスとはこういうものだ”感を擦り込まれた場所でもありました。
久々に足を踏み入れたら、すぐにどばばばーっと、あのころの青い自分、ちっさい自分と、なーんにも弾けない自分を思い出し、身震いしました。
対し、新宿JAMは、さらに鬱屈した雰囲気が増し、建物自体がもう、なんというか、血と汗と涙と経年と劣化がありのままでした。

懐かしいのと恥ずかしいのとなんだか複雑な気持ちが全部まざりすぎると、むしろ、いままでないくらいすがすがしい気持ちでライブでライブに望むことができました。
平日、お忙しい中、かけつけてくださったみなさんありがとうございました。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 もぐりこみたい
3 食べさせタイ
4 I Love You
5 たまねぎ
6 レイトショーを観にいこう



写真:主催のハロー青空トレインのタカハシリツさんと

さあさあ!あともうすこしでロクセンチワンマンライブです。
これでもか!ってなぐらいにたっぷりたのしみますよ!
みなさんのお越しをお待ちしております。

■2017年11月25日(土)
ロクセンチワンマンライブ 『11月から走りだそう』
Act:ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。
2017年10月21日(土)

『幸せな魚』@心斎橋 Live&kitchen 歌う魚




台風が近づき、雨の降る中、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。
関西のみなさんがいつも笑顔でいてくれて、お会いできてとてもうれしかったです。

9月にあたらしくオープンしたLive&kitchen 歌う魚はこれまでもイベントのブッキングをしてくれていた方が独立してつくったライブハウス。
店内はまだライブハウスというよりは壁の白が際立つ、あかるいカフェのようでした。

ロクセンチはイベントのトリをつとめさせていただきました。
このところ中原さんが体調を崩していた中、先週に引き続きのライブだったので心配もありましたが、しっかり養生してくれたようでこの日はいつもにも増して声がよく鳴っていました。< br />セットリストは決めずにその場の雰囲気で決まっていきました。
会場全体がリバーヴィンな環境だったので客席のみなさんにもうたっていただいて、さらにアンコールまでいただいて恐縮でした。
あたたかい手拍子、ありがとうございました。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 もぐりこみたい
3 Rainy Girl
4 食べさせタイ
5 かにあるき
6 ブラウニー
7 レイトショーを観にいこう
En You don’t have to be Perfect

さて!関西のみなさんに元気をいただき、エンジン全開で参ります。
冬のはじまりはロクセンチワンマンライブからとなりますよ!
新曲も鋭意製作中です。
たっぷりとじっくりと楽しみましょう!みなさんのお越しをお待ちしております。

■2017年11月25日(土)
ロクセンチワンマンライブ 『11月から走りだそう』
Act:ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。
2017年10月14日(土)

「ロクセンチはラブハンドルズがおすき」@下北沢440




ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.24
「ロクセンチはラブハンドルズがおすき」。もはや秋の恒例行事ともなったラブハンドルズとの2マンライブ。冷たい風が吹くとラブハンドルズのことを思います。あたたかな音楽が聴きたくなる季節にこのイベントを開催できてとても嬉しい。お越しいただいたみなさんありがとうございました!心がぽかぽかになりました。

イベントはラブハンドルズ若林さんとロクセンチナカヤンとの2人でうたうウェルカムソングから始まりました。
「僕の見たビートルズはTVの中」by 斉藤和義
ナカヤンギターに若林さんのハープ、そしてふたりの息ぴったりのハーモニー。
さあ、はじまりました!ワクワクしてきます。

ラブハンドルズのステージ。
ギターの溝下創さんの巧みなアコースティックギターはリズムもソロも縦横無尽できもちがいい!
若林さんののびやかな歌声は健在、歌詞がひとつひとつしっかりと歌われて、ストレートに胸に響きます。
MCは楽しいし歌はかっこよくてやさしいし、あらためていい!と思わせるステージでした。

ロクセンチはドラムに高インボムさん、ベースは中村カツヲさん(from the LOVE)と一緒にバンド編成でやさしく、熱くお届けできました。

ロクセンチ セットリスト

1 Having a good time
2 オルゴール
3 食べさせタイ
4 マドレーヌ
5 レイトショーを観にいこう
6 ブラウニー
7 すきになったら

たのしくてたのしくて。
秋という季節はロクセンチの楽曲にもうひとつ色を足してくれるような、感情がもうひとつ複雑になるような作用があるように感じました。

さて締めは

ロクセンドルズセットリスト

1 Young song
2 冬が来るまでは
3 ラヴソング(by ラブハンドルズ)
4 My Sweet Honey(by ロクセンチ)
5 First song

ロクセンチ×ラブハンドルズ=ロクセンドルズはこれまでに2枚の音源CDをリリースしています。このところアルバム製作がささやかれています。
今回はそれぞれのバンドから1曲ずつ3曲はリリースしているものから選びました。
「My Sweet Honey」はロクセンチの2ndアルバムへ収録する際に、ギターを溝下さんに、ハープをわかちゃんにお願いした経緯があります。
つまり「My Sweet Honey」をフルメンバーで演奏しようとすると、ロクセンドルズということになります。にやけます。



わらってうたって楽しい時間は短く感じます。
今年のすきなひととやるライブシリーズは大いにもりあがって無事終了することができました。
おつきあいいただいたみなさん、ありがとうございました。また来年までのお楽しみです。

来月はロクセンチワンマンライブが決定しています。
冬がはじまろうとしているとき、ロクセンチのライブであたたまっていただきたいです。
たっぷりとじっくりと楽しみましょう!みなさんのお越しをお待ちしております。

■2017年11月25日(土)
ロクセンチワンマンライブ 『11月から走りだそう』
Act:ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。
2017年9月18日(月)

「ロクセンチはラブハンドルズおすき」インフォメーションムービー公開


ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.24
「ロクセンチはラブハンドルズおすき」のインフォメーションムービー公開しました!
ぜひご覧ください!




■2017年10月14日(土)
ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.24
「ロクセンチはラブハンドルズおすき」
Act:ラブハンドルズ / ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。