News
Profile
Discgraphy
Live
Blog
  • 中原明彦 ナカ通
  • 山田貴子 やまだblog
Special

山田貴子 やまだblog

2018年10月13日(土)

『ロクセンチはラブハンドルズがおすき』@下北沢440


すきなひととやるライブシリーズ、今年の分の締めくくりはラブハンドルズをお迎えしてスペシャルな夜となりました。

2009年からはじまったシリーズに毎年出演していただいているラブハンドルズのお二人。
夏が終わり、夕方あたり肌寒くなってくると、彼らの顔を見たくなります。ラブハンドルズの音楽に触れたくなります。

本シリーズは通常の2マンライブのイメージとは違い、その内容は濃いコラボレーションが軸となるイベントです。ラブハンドルズとも、毎年趣向をこらした企画や、楽曲を共作して合同バンド「ロクセンドルズ」で発表するなどしてきました。
今回の特別な企画は新曲2曲、書き下ろしてイベント当日にご披露し、あわよくばCDにしてみなさんにお家に持ってかえっていただきたい。と、欲張りなものでした。 実は昨年、制作していた新曲たちはメンバーの体調不良などによって完成にいたらず、1年後のリベンジとなったこともあって、今年こそは!と気合が入っていました。

毎度のことながら、共作される新曲たちを生み出すことはなかなかの苦労があったり、音源化してみなさんのお手元に届くまでの行程もなかなかなものです。 ですが、ラブハンドルズと一緒なら、ロクセンドルズならきっといいものができるはず、みなさんにも名曲をもって帰ってもらえるはずだという、自信が湧いてくるのです。信頼というのはそういう、あいまいなでも強いパワーが生まれるものなのだと思いました。



そしてなんとかかんとか、どうにかこうにか、当日までに間に合った書き下ろし新曲 「No neme yet 」「甘い関係 」の2曲と隠しインストトラックを収録したCDがこれです。 おかげさまで当日限定販売分が完売、たくさんの方々に持って帰ってもらうことができました。ありがとうございました。

さて、そしてイベントはどうだったかというと、冒頭のWELCOMEセッションを除いてはラブハンドルズもロクセンチもロクセンドルズも全バンド編成で始終にぎやか! 笑って、じんときて、心があたたまるイベントとなりました。
ステージ幕開けは若林利和さんとナカヤンで「シチュー」。そのむかしナカヤンが作ったこの季節になると歌いたくなる曲です。

そしてすぐにラブハンドルズが登場、バンド編成でのライブは約2年ぶりとのことでみんな楽しそうでした。 みぞちゃんのエレキギターが聴けるのもうれしいですし、わかちゃんのアクションも盛り上がります。



ロクセンチステージは秋が深まる、「もぐりこみたい」から始まりました。

ロクセンチセットリスト

1 もぐりこみたい
2 Having a good time
3 つぼみ
4 Q&A
5 ドンルックバック
6 食べさせタイ
7 オルゴール

イベントのトリは合同バンド、ロクセンドルズ。新曲も含めて全5曲。まっすぐ音楽がすきなひとたちのステージでした。 フレッシュさとは違う、ある種の爽快感がありました。



ロクセンドルズ セットリスト

1 My sweet honey(by ロクセンチ)
2 No neme yet (新曲)
3 甘い関係 (新曲)
4 ラブソング(by ラブハンドルズ)
5 First song

今年のシリーズはこれにておしまい。お越しいただいたみなさん、ありがとうございました。いや~たのしかったです!

ところで「すきなひととやるライブシリーズ」来年、10周年を迎えます。
ということは、同時に合同バンド、ロクセンドルズが10周年を迎えることになります。
・・・これはもしかして、もしかするかもしれない。
アニバーサリーなイベントができたらいいな、ロクセンドルズには共作している楽曲もたくさんあるし・・・もうアルバムつくっちゃう?!
なんてわくわく妄想がひろがります。
とにかく、また来年もお楽しみに!
2018年9月13日(木)

「ロクセンチはラブハンドルズがおすき」インフォメーションムービー公開


ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.26
「ロクセンチはラブハンドルズがおすき」のインフォメーションムービー公開しました!
ぜひご覧ください!



■2018年10月13日(土)
ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.26
「ロクセンチはラブハンドルズがおすき」
Act:ラブハンドルズ / ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。
2018年9月8日(土)

『ロクセンチはサスケがおすき』@下北沢440


シリーズとして10年目を迎えるライブイベント、秋にマンスリーで開催している「ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ」。
ロクセンチが「あぁ、すきだなぁ・・・」と思っているミュージシャン、アーティストをお迎えしてコラボレーション企画がかなり多めのステージを毎度お届けしています。
2018年シリーズ始まりはサスケのお二人にご出演頂きました。 いやはや、とんでもなくたのしくおもしろかった。

これまでのどのシリーズに比べて、新感覚といいますか。
いやね、互いに音楽をやっているわけですから、コラボレーションといったら、合同バンドを組んだり、楽曲を共同作業で制作したり、それを音源化したりだとか、音楽でできることの様々な方法で互いに絡み合うことが前提でありまして、これまでいろんな方々と一緒に新な音楽を、ライブをやってきたわけです。
この日にしか味わえない唯一の音楽のステージ、だからこそより高いクオリティを求め、来てくださる皆さんにもご好評をいただいてきたのだと思っていました。

しかし、今夜は少し違っていました。
もちろん、ロクセンチとサスケのそれぞれのライブはもちろんですし、コラボレーションは合同バンド「ロクスケ」ではじっくりいい音楽に浸りました。とてもよかった。共同作業で作られた楽曲はどれも名曲です。
ただ、それらライブステージと同時進行していた「もうひとつの土曜日ナイトショー」。これがなんといいますか、ステージはステージでも音楽ではない、、、かな。・・・でも楽しいからいいじゃない!という、新感覚の面白企画が繰り広げられたのです。サスケの奥山裕次さん扮する企画主催者、太田省吾さんは本シリーズののあり方に真っ向勝負を挑んできました。・・・のかもしれない、かもしれなくもない。



おっと、イベントの幕開けから太田省吾さんにジャックされてしまいました。
セオリー通りだと、互いのバンドのメインボーカリストがステージに上がり、ごあいさつの1曲、歌のコラボレーションをお届けするということですが、しょっぱな太田省吾さんが登場、企画タイトル「もうひとつの土曜日」を披露、そののちに北清水さんとナカヤンを「もうひとつの土曜日ナイトショー」にゲストとして呼び込んでくれました。



オープニングセッション

1 もうひとつの土曜日(by 浜田省吾) 太田省吾
2 まぼろしの歌うたい 北清水雄太・中原明彦

そしてサスケが登場、太田さんが奥山さんは餃子の王将へ行っているとおっしゃってましたが、よかった、お戻りになられたようです。 夏の終わりの季節にジンとくるステージでした。切なく、熱い思いのつまったライブは本当素晴らしかった。

お次はロクセンチと思いきや、太田省吾さんの「もうひとつの土曜日ナイトショー」が突如始まりました。ああ、そうでした、同時進行企画です。
太田さんの「もうひとつの土曜日ナイトショー」はロクセンチとサスケをゲームで対決させたいという趣旨の元に構成されているらしく、太田さんは登場するなり、オープニングソング「もうひとつの土曜日」を歌って、私たちを呼び込み、すかさず対決お題を発しました。

「J.BOY 危機一発!」

対決の分かりやすいやつ!大きめの方の、人の頭くらいの大きさの「黒ひげ危機一発」が運ばれてきました。 ご存知の通り、参加者が順にプラスチックの小さな剣を樽に刺していき、中に入っている黒ひげの海賊が飛び出したら負け。太田さんが用意してくれた罰ゲームを受けることとなります。

チーム分けはロクセンチの2人対、北清水さんと太田さん。勝負はなかなかつきませんでした。
そろそろ手元の剣がなくなるのではないかと思った時、山田の刺した剣に黒ひげの海賊がヒットしました。



罰ゲームはなんと中村カツヲさんにお尻をバッドで叩かれてしまう、いわゆる「ケツバット」でした。 なんとも、これは・・・!ていうかいつの間にカツヲさん、太田さんに、、、。
中原さんは負けチームメイトですので、しっかりフルスイングをお見舞いいただきまして、なかなかいい音がしました。
「イテッ。」
大きなリアクションでないところがまたリアルでおもしろい。
負けた張本人の山田は一応女子ということもあり、優しいカツヲさんは手加減してくれましたが、ピリっとくる痛みがありました。これは中原さん相当痛かったかもしれません。

さて、気を取りなおして、ロクセンチの登場です。
サポートベース中村カツヲさん(from THE LOVE)、ドラムスは高インボムさんとともに夏の名残と秋の色合いを感じるセットリストをお届けしました。



ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 たまねぎ
3 夕凪オレンジ
4 すきになったら
5 かにあるき
6 オルゴール
7 レイトショーを観にいこう

そして、はい、きました。「もうひとつの土曜日ナイトショー」。
オープニングソング「もうひとつの土曜日」をひとしきりを歌った太田さん、対決のお題をコール。

「あっち向いてJ.BOY!」

シンプルすぎです。
ロクセンチの2人対、北清水さんと太田さん。
もうはしょりますけれど、激闘の末、ロクセンチの勝ち!ナカヤン強かったです。簡単なゲームなのにハラハラドキドキ、客席の皆さんも多いに盛り上がってくださいました。 そして罰ゲーム、北清水さんもしっかり打たれ、そして今日のハイライト、カツヲさんのフルスイングは太田さんのお尻にホームラン!の瞬間、太田さんの叫び、「ジェイボーォオーイ!!」



興奮と笑いが冷めやらぬまま、合同バンドロクスケステージはスタートしました。



ロクスケセットリスト

1 レッツゴー!ロクスケ!(共作)
2 ビオラ
3 永遠の夏
4 ありのまま(共作)
5 泣き虫ボクサー(共作)

音楽と笑いと感動と。サスケとだったらなんでもでできる。そう思いました。あぁ嬉しい。 今回のコラボレーション企画はいささか異質ではありましたが、お越しいただいた皆さんと一緒にになって楽しむことができました。想像以上の盛り上がり、太田さん(奥山さん)の存在感とその底力を感じることとなりました。



お越しいただいた皆さん、サスケの北清水さん、奥山さんありがとうございました!!
次回は10月13日(土)@下北沢440 ラブハンドルズをお迎えします。この日にしかない唯一無二のステージにご期待ください!
2018年8月16日(木)

「ロクセンチはサスケがおすき」インフォメーションムービー公開


ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.25
「ロクセンチはサスケがおすき」のインフォメーションムービー公開しました!
ぜひご覧ください!




■2018年9月8日(土)
ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.25
「ロクセンチはサスケおすき」
Act:サスケ / ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。
2018年7月28日(土)

『下北沢 夕涼み部 vol.5』@下北沢440




毎年恒例となったロクセンチの夏祭り企画。今年は台風の接近で開催もあやぶまれたタイミングもありましたが、おかげさまで無事にイベントは開催、無事に終了することができました。お越しいただいたみなさんありがとうございました。

開場ではお祭りの雰囲気満載でした。出演者たちは浴衣や甚平に身を包み、みなさんをお迎えし、440の照明はちょうちんが被されて、赤と白ですこしうるさいくらいがちょうどよい感じでした。
ひもくじやチェキくじなどの縁日な催しもご用意しました。そんな冗談のような遊びにお付き合いいただける大人なみなさん、すてきです。すきです。
ステージではIKUさん、can/goo、ロクセンチそれぞれの時間もたっぷりで、楽しい時間をすごしました。 きゅんとしたりじわっとしたり、わくわくしたり、夏のけだるさと潔さが相まう季節をじっくり感じていました。

ロクセンチ セットリスト

1 渋谷LOVE
2 You don’t have to be Perfect
3 レイトショーを観にいこう
4 夕凪オレンジ
5 夏休みは八月になると早い
6 月夜のサンビスタ
7 抱きしめたんだ

サポートメンバーにはベース中村カツヲさん、ドラムスは高インボムさんで、ロクセンチの夏らしい曲を並べたセットをお届けしました。


ナカヤンはゆかた姿でサンバを踊りました。なんでもありです。夏だもの。

ステージ最後は出演者全員での恒例のセッション。

1 pun
2 君は天然色(by 大瀧詠一)



そしてイベントオーラスは、書き下ろし!「夕涼み音頭」で盆踊り!祝!
完全オリジナルの夕涼み音頭をロクセンチがこさえました。
簡単な盆踊りの振り付けもして会場のみなさんと一緒になって踊りました。
太鼓のリズムとマイナー調のメロディに手拍子とゆるやかな舞。じわじわとボルテージが上がるのを感じ興奮しました。こんなに楽しいのか!盆踊り!!
みなさんとの一体感が気持ちよくて気持ちよくて、最高の夏の思い出ができました。



8月のロクセンチは制作と秋のライブ準備に入ります。
一旦もぐりますが、また秋、9月に!みなさんとライブでお会いできるのをとても楽しみにしています。
暑い日が続きますがくれぐれもお体ご自愛くださいね!そしてよい夏を!