News
Profile
Discgraphy
Live
Blog
  • 中原明彦 ナカ通
  • 山田貴子 やまだblog
Special

山田貴子 やまだblog

山田貴子 やまだblog > 自分の楽器についてのお話
2012年6月14日(木)

自分の楽器についてのお話

現在ライブで使用している楽器は

 

nordpiano

 

です。すでに生産が終わって新しいモデルnordpiano2が  発売されています。(日本ではまだなのかな。)

 

赤いボディは鍵盤弾きのあこがれ。ずっと欲しかったキーボードを今年になってやっと手に入れました。

 

本来、”nord”といえばシンセサイザーといって様々な楽器の音を出す事ができるモデルが有名です。

ですが、ロクセンチのライブにとってはシンプルにアコースティックピアノやエレクトリック・ピアノの音が映えるものが望ましい。出せる楽器の種類は少ないけれど、ひとつの音をかなりこまかく調整できるのがありがたく、曲によって音色などを変化させながらその曲にあったピアノの音を作ります。

そう、自分で持ち運べるということも重要ですね。(nordpianoは18kg、ギリいける。)

 

レコーディングのときは生のアコースティックピアノを弾きます。

弾いた瞬間に身体に直接びわんと感じることができます。

いまでこそ、デジタルで音楽をつくることは普通になりましたが、もとはこの生ピアノしか触ったことがない超アナログ人間でした。

なので生ピアノが弾けるタイミングがあると興奮します。

そしてなんとなくクラシックが弾きたくなります。