News
Profile
Discgraphy
Live
Blog
  • 中原明彦 ナカ通
  • 山田貴子 やまだblog
Special

山田貴子 やまだblog

山田貴子 やまだblog > ロクセンチどこでもライブシリーズ vol.28 「しわす ストリーミン POWER HOUSE」
2020年12月30日(水)

ロクセンチどこでもライブシリーズ vol.28 「しわす ストリーミン POWER HOUSE」


2020年、最後にライブができました。
生配信で同じ時間、瞬間を皆さんと共有しながら演奏する機会をいただき、とても幸せでした。
ご覧いただいたみなさん、ありがとうございました。

昨年は厳しく辛い年といえば、ほとんどの方々がそう感じているとおもいます。でもそんなときだからこそ、アルバム制作をあたらためて見直したり、音楽を届ける方法をさまざま模索したり、言い換えれば今一度足元を見つめて、いま立っている地面を踏み固めるように過ごしてきて、これからのロクセンチにとってよいと思えることもたくさんできた年でもありました。
まだ混沌としてしまう日は続くかもしれないけれど、いまやれることに一生懸命取り組んでいきたいと思っています。


パワーハウススタジオ 中原作

セットリスト

Opening movie
1 10年後
2 オルゴール
3 Having a good time
4 ポートワインをご一緒に
5 たべさせタイ
6 シチュー
FROG & NOTES Record Label Shop Information movie
7 レイトショーを観にいこう
8 たまねぎ
9 カレーライスと味噌ラーメン
10 渋谷LOVE
11 さよなら2020ねん
12 抱きしめたんだ
Ending movie

生配信ならではの企画として「レイトショーを観にいこう」と「たまねぎ」を事前に収録したサポートメンバーの演奏した音と映像に合わせて演奏しました。
どうなることか、初めての経験、不安もありましたが、画面はきっちり4分割で4つの音と映像が重なって予想よりも楽しく賑やかにな映像になりました。 そしてしっかりバンドサウンドをお届けできて嬉しかった。
中村カツヲさん、高インボムさんのご協力に感謝です。

このほかにもOpening、Ending、グッズ紹介の動画などもご覧いただきつつライブは進行しました。
たくさんの段取りがあったにもかかわらず、スタッフのみなさんは笑顔で快く付き合ってくれました。とても感謝しています。

そして、2020年をもってパワーハウスの長い歴史に幕が降りること。実はまだ信じられない気持ちでいます。
あまたのミュージシャンたちが名盤を録ってきた老舗のスタジオであり、ロクセンチがデビュー前からお世話になってきた場所がなくなってしまうことは、自分の実家がなくなってしまうような、はぁ、なんだか強烈に寂しい気持ちです。 スタジオで録った音、楽曲、すてきな出会いがたくさんありました。
そして最後にパワーハウスで音を鳴らして、スタッフのみなさんと一緒に制作できたこと、ご覧いただいたみなさんとそれを一緒に味わい、楽しむことができたことはわたしにとって、とても大事な思い出になりました。あらためて、みなさん、ありがとうございました。

さて、2021年、早々にロクセンチはレコーディングを再開しました。昨年秋にはじめたYouTubeもまた違った企画の準備をしています。

今回のライブの動画もダイジェスト盤のようなものを編集して、いつかアップできたらとも考えています。
いつものようにゆっくりしか進まないかもだけれど、やれることをこつこつとやっていこうと思っています。
みなさんにとってどうかよい年でありますように。今年もロクセンチをよろしくお願いいたします。
2021.1.4


POWER HOUSE STUDIO Ast スタッフのみなさんと一緒に