News
Profile
Discgraphy
Live
Blog
  • 中原明彦 ナカ通
  • 山田貴子 やまだblog
Special

山田貴子 やまだblog

2019年11月23日(土)

『ロクセンチはサスケがおすき〜ボヘミアン・奥ソディ〜』@下北沢440


ロクセンチすきなひととやるライブシリーズvol.29
『ロクセンチはサスケがおすき〜ボヘミアン・奥ソディ〜』
サスケのお二人との本シリーズ、これまでもいろんなこと、くだらないことを含めて、おもしろく、たのしい企画をイベントにねじ込んできましたが、今回ひとつ何か超えたかもしれません。いままでで一番分厚いパッションをお届けできたと思います。



イベントはご挨拶の1曲、ウェルカムセッションからスタート。サスケ北清水雄太さんとロクセンチ中原が槇原敬之さんの「冬がはじまるよ」をカバーしました。まさにこの2、3日グッと気温が下がり、冬が近づいてくるのを感じていたので、ピタリでした。音楽というのは不思議なもので、季節や気温や場所、ほかにも様々なシチュエーションで楽曲の感触が違うものです。今日は寒い中にもふんわりあたたかな雰囲気で始まりました。

続いてサスケが登場、シリーズでは初めてフルバンド構成のステージ。 サスケは今年の夏にアルバム「I」を発表していて、わたしも僭越ながらレコーディングに参加いたしまして、サポートピアノとしてこのライブでも弾くことになりました。ぶっつけ本番でドキドキする場面もありましたが、そこはほかのバンドメンバーがカバーしてくれて、なんとかやりきることができました。感謝。



北清水さんの創る楽曲はまっすぐで純粋な気持ちがこもっていて、心が軽くなったり胸にずしっときたりする。演奏しているときの頭の中には自分が経験してきた映像ががたくさん浮かんできます。きっと聴いてくださっているみなさんにも共通することかもしれません。音楽を聴いているのだけれど、耳も心も聴いている。変かもしれないけれどそんなことを感じます。

さて、ロクセンチはというと、この季節に合わせてセットリストも冬仕度となりました。



ロクセンチセットリスト

1 バラードをうたわせて
2 もぐりこみたい
3 雨どい(仮)
4 たべさせタイ
5 まぼろしの歌うたい
6 たまねぎ
7 すきになったら
8 ポートワインをご一緒に

「バラードをうたわせて」のアレンジが少しずつ変わってきています。今回のアレンジは少しジャジーな間奏を加えました。これからさらにブラッシュアップしていきます。
「まぼろしの歌うたい」ではサスケ北清水さんをお迎えし、コーラスを担当していただきました。この曲はレコーディングの際にも北清水さんにコーラスをお願いし、ロクセンチのアルバム「READY STEADY」に収録されています。ライブのMCで中原さんが話していましたが、中原さんが実際に街で見かけたストリートミュージシャンの姿をもとになって書かれた楽曲で、ずっとうたい続るという決心のようなものと、うたい続けてほしいという願いが込められ、イメージが北清水さんに重なり、レコーディングに参加してもらった経緯があります。音楽仲間であり、友人であり、盟友同士の声の重なりは熱い思いが乗せられました。

熱いといえば、今回のイベントのサブタイトル〜ボヘミアン・奥ソディ〜について説明しておかなければなりません。ご存知の方は多いと思いますが、昨年旋風を起こしたQUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生の物語と伝説のライブ1985年LIVE AIDのパフォーマンスを再現した映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観たわたしたちが感じた感動、情熱を今回のイベントでみなさんにそのパッションのほんの少しでも楽しくおもしろくお届けできないかということで企画されました。それゆえ、イベントの最後に登場したのがサスケ奥山裕次扮する”フレディ・オーキュリー”(オーは奥のお)だったというわけです。



ロクスケ セットリスト

1 ありのまま(北清水・中原共作)
2 QUEENメドレー<フレディ・オーキュリー登場>
We Will Rock You〜Radio Ga Ga〜We Are The Champion
3 泣き虫ボクサー(北清水・中原共作)

毎度奥山さんの降臨技には驚かされますが、今回のフレディはおもしろいからかっこいいまであって、その気迫はすごかった。この日のために自前のヒゲを伸ばし、しっかりとオールバックにタンクトップをジーバンにイン。コール&レスポンスもLIVE AIDを再現し、最高のパフォーマンス。会場全体がこれ以上ないくらいに盛り上がりました。なにしろQUEENメドレーが終わり、フレディ・オーキュリーがステージから去ったあと、すぐにアンコールがかかるほど。彼の熱い想いがその場にいたひとたちの身体を燃え上がらせたのだと思います。フレディ・オーキュリー、あなたはほんとうにすごかった。



最後。泣き虫ボクサーはサスケの奥山さんが戻り、全員でのセッション。北清水さんと中原さんが本シリーズ初期に共作した思い出深い曲です。客席のみなさんと一緒にとても気持ち良く演奏できました。お越しいただいたみなさんありがとうございました!



ロクセンチ今年のロクセンチすきなひととやるライブシリーズ、これにて無事終了かとおもいきや、先月10月12日は台風でひとつの公演が2月8日に延期になっているのです。ということでシーズンは来年へと続く。乞うご期待!!
2019年9月7日(土)

『ロクセンチはラブハンドルズがおすき』@下北沢440


『ロクセンチはラブハンドルズがおすき』は 10年に渡り、毎年開催しているラブハンドルズとの2マンライブ。毎年様々に趣向を凝らし、ライブはもちろん、そのほかあんなことやこんなことを企画してイベントに盛り込んできましたが、今年はまっすぐド直球。ロクセンドルズ 1stアルバム『scotta』を下北沢440にお集まりのみなさまへお届けするという大義がございます!

まずはご挨拶の1曲からステージスタート!



ラブハンドルズとロクセンドルズのボーカル若林利和と、ロクセンチとロクセンドルズのボーカル中原明彦がKinKi Kidsの「硝子の少年」をカバー。はじめてのアイドルの曲ということでふたりとも戸惑いを隠せない様子でしたが、さすがのお二人しっかりと歌い上げました。

そしてラブハンドルズの登場。はじまりがかっこよすぎてしびれる。釘付けになります。そして今日はいつもに増してはじけてた!やさしい曲もロックな曲もたっぷりと堪能いたしました。やっぱいい!ラブハンドルズ!

この日のロクセンチは楽曲にすこしずつアレンジを加えてのセットリストをお届けしました。

ロクセンチ セットリスト

1 夕凪オレンジ
2 ブラウニー
3 渋谷LOVE
4 Having a good time
5 You do’nt have to be Perfect
6 すきになったら
7 ドンウォーリー!
8 レイトショーを観にいこう



とくにドンウォーリー!のアレンジはご好評をいただきました。夏と秋の間のじんわりとし季節感を出せたらと思っていたのでうれしい。楽曲は音源に収録されているものが基本にはありますが、ライブごとにこの時だけのアレンジをおそれず挑戦していきたいと思いました。ありがとう!

ラストはロクセンチとラブハンドルズの混合バンド、”ロクセンドルズ”が登場。1stアルバム『scotta』からたっぷりとお聴きいただきました。



セットリスト

1 NO NAME YET
2 ラブソングのつくりかた
3 甘い関係
4 Young Song
5 しあわせをたずねて
6 All up to me
7 First Song

10年かけてできたアルバムはなにしろ、感慨深いです。みなさんにお披露目できたこと、とても幸せに思います。お越しいただいたみなさんありがとうございました。 そして大阪、東京と付き合ってくれたサポートベース、中村カツヲさんとドラムススガノ綱義さん、心強く頼もしかったです。ありがとうございました。

そんなこんなで2019年のロクセンチすきなひととやるライブシリーズ始まっております。10月はたまご⭐︎ピリ、11月はサスケと濃ゆい面々が待ち構えております。ぜひ今年もご期待くださいね!
2019年8月24日(土)

ロクセンドルズ10th Anniversary 「1stアルバム『scotta 』先行リリースパーティー」@南堀江knave




ついに!10年かかって!できました!
ロクセンドルズ 1stアルバム『scotta』!
長年積み重ねた活動の結晶がここに!!
(『scotta』のくわしい情報はこちら

ロクセンチとラブハンドルズの合同バンド「ロクセンドルズ」。なんとここまできました。2009年、ロクセンチが企画した2マンイベント”ロクセンチすきなひととやるライブシリーズ「ロクセンチはラブハンドルズがおすき」。最後のセッションステージで結成されたこの混合バンドが10年後、アルバムをリリースすることになるとはだれが想像したでしょうか!
それにしてもとてもよいアルバムになりました。着実に名曲を作ってきたラブハンドルズ溝下創とロクセンチ中原明彦の音楽魂がはちきれんばかりに詰め込まれ、ラブハンドルズの若林利和の渾身のボーカルが収録されているアルバム。感無量です。いや〜ほんとううれしい!!

なによりもこのアルバムをみなさんにお届けできる、この日が来たこと。ありがたいなぁ〜。

今回のイベントはロクセンチ、ラブハンドルズ、橘田ほのかさんの3組と、ロクセンドルズという盛りだくさんな内容で、お越しいただいたみなさんと全員でこのロクセンドルズのアルバム発売を祝おうというのだから、これは明るくて楽しいしか想像できません。

ならばまずはロクセンチが熱き思いを!ということで1番目にステージに。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 夏休みは8月になると早い
3 月夜のサンビスタ
4 I Love You
5 レイトショーを観にいこう
6 夕凪オレンジ

夏ならではのセットリストをがつんとやらせていただきました。 大阪でバンド編成のライブをお届けできたこと、そして客席のみなさんの笑顔がうれしくてうれしくて!ありがとうございました!

続いてラブハンドルズが登場、絶品の楽曲とバンドの一体感、安定のおもしろトーク。彼らのライブはほんとうにスカッと気持ち良いのです。

ここで唯一、さわやかな風を会場に吹かせることができるのは橘田ほのかさん。のびやかな声とギターのリズミカルな軽やかさ、すてき。涼しいそよ風が吹いたようでした。

そして、本日の先行リリースパーティーの主役、ロクセンドルズの面々がどしどしと登場。このアルバムに収録するにあたり書き下ろした新曲を含めて演奏しました。

ロクセンドルズ セットリスト

1 NO NAME YET
2 甘い関係
3 Young Song
4 しあわせをたずねて
5 All up to me
6 First Song

うまくいえないのですが、ロクセンドルズのステージにいて、「ロクセンドルズ」のメンバーとして演奏していることを、いま演奏しているこの瞬間にどんどん感じていくというか。ロクセンチとラブハンドルズのセッションではない、もはや合同でもない、ひとつの塊となって音を届けているというか。アルバムを作ったことで変化が起こったような、どんな気持ちかというと、すごく楽しいし嬉しい。すばらしいメンバーとサポートミュージシャン、お越しいただいたみなさんがいて、いまロクセンドルズがひとつの作品をつくりあげることができたのだという実感が湧いてくるのです。
ありがとう、ありがとうございます。今日は大阪、そして9月は東京、ロクセンドルズ 1stアルバム『scotta 』を届けに参ります。




ロクセンドルズ初グッズ、”SCOTTA バンブーマグ”もご好評いただきうれしい!
2019年7月27日(土)

『下北沢 夕涼み部 vol.6』@下北沢440




大人も夏を楽しみたい。はしゃぎたい。ロクセンチの夏祭り企画「下北沢 夕涼み部」。今年で6回目を迎えることになり、すっかり恒例行事になりました。
今回は台風接近し、一時は開催も危ぶまれましたがおかげさまでなんとか、rock-senti presents『下北沢 夕涼み部 vol.6』開催!お越しいただいたみなさんありがとうございました!

共演はcan/gooのPOMさんとHIDEさん、そして新入部員のタカハシシツさん。それぞれ浴衣や甚平に身を包んでみなさんをお迎えしました。
会場には紅白のちょうちんをかざり、「ひもくじ」や「チェキくじ」など縁日にはみなさんにご参加いただき盛り上がりました。個人的にはずっと前から作りたかった「名入れボールペン」もひもくじの参加賞として並べることができてうれしかった。

ステージでは出演者全員でウェルカムセッションからスタート。
大黒摩季さんの「夏が来る」をPOMさんがアカペラにアレンジしてくれました。POMさんさすがです、声の重なりはパワフル。そして山田用にやさしいパートを用意してくださいまして、なんとわたしも”うたう担当”として参加させていただきました。(たのしいね!みんなでうたうのって!)「わたしたちの夏が来たのだ!」てな具合でテンション高くイベントは幕をあけました。

最初の出番はタカハシリツさん。淡い色の浴衣が女性らしく、かわいくて。独特の世界感は客席を包みこみました。やさしく鋭い感じというか、、、まったく関係ないのですが、リツさんの歌を聴いていたら自分が大学生1年だったときの夏、浜辺でハチに刺されたことを思い出しました。

そしてお次はHIDE/POM、お祭りおとこたちの登場です。
わらってうたって手拍子して、いそがしいしたのしいし。この夕涼み部企画に初期から参加してくれているお二人、さすがです。ボルテージ急上昇、3番目にロクセンチは登場したときにはなんというか。もう真夏でした。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 rabbit
3 You don’t have to be Perfect
4 夕凪オレンジ
5 月夜のサンビスタ
6 ドンウォーリー!
7 かにあるき



みなさんと一緒になってサンバを踊る「月夜のサンビスタ」は夕涼み部で演奏すると、みんなの腰と一緒に扇子も踊ります。 いつもよりもはしゃぐ感が増してて大好きな瞬間です。



最後はステージも客席も夕涼み部全員で盆踊り。オリジナル音頭「夕涼み音頭」を踊って歌って、もう最高です。 昨年できたオリジナル音頭はしっかりとこのイベントの核となりつつあります。盆踊り、なんだかいいのです。ゆっくりとしたリズムで、踊りもゆるやかなのですが、心がわくわくわくわくしてくるのです。
最後は楽器と声のセッションを。松任谷由実さんの「真夏の夜の夢」でしっかりとしめくくりました。



さて、これからが夏本番、リリースもあるしロクセンチにとってにぎやかな夏になりそうです。
2019年7月12日(金)

「夕涼み音頭2019」振り付け予習&インフォメーションムービー公開


2019年7月27日(土)@下北沢440 
rock-senti presents『下北沢 夕涼み部 vol.6』
「夕涼み音頭」振り付け予習&インフォメーションムービー公開公開しました!
ぜひご覧いただき当日は一緒によりいっそういたのしみましょう!



■2019年7月27日(土)
rock-senti presents『下北沢 夕涼み部 vol.6』
Act:タカハシリツ/HIDE/POM(from can/goo)/ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。