News
Profile
Discgraphy
Live
Blog
  • 中原明彦 ナカ通
  • 山田貴子 やまだblog
Special

山田貴子 やまだblog

2017年12月30日(土)

『ロクセンチとねんまつ』@大塚Hearts+




今年最後のライブイベント、ロクセンチ初めての年末特別企画『ロクセンチとねんまつ』でした。
12月30日晦日、忙しい年の瀬、それもまっ昼間に足を運んでいただいた皆さん、ありがとうございました!

今回は開場から開演までの時間をいつもより長くして、お昼ご飯を食べていただこうと、「山田そば」から年越しそばをご提供、そして来年を占うナカヤンみくじをご用意しました。楽しんで頂けてたなら嬉しいです。

今年最初のライブで最初に演奏した曲「バラードをうたわせて」からイベントは始まりました。そしてトピックをフリップにまとめて皆さんに見ていただきながら2017年をしっかり振り返りつつ、都度書き下ろしてきた新曲たちを中心にゆったり聴いていただきました。

セットリスト

1 バラードをうたわせて
2 rain (by 大江千里)
3 さくらからはじまるソラシドレ(仮)
4 オン読みのガク紫陽花(仮)
5 食べさせタイ
6 pun
7 午前五時のヒマワリ
8 雨が(仮)
9 ポートワインをご一緒に
10 ブラウニー
11 さよなら2017年
12 抱きしめたんだ



ライブ終わり、年越しそばを食べました。年末感でお腹いっぱい胸いっぱいに!

初めての年末イベント開催でしたが、おかげさまでとても楽しくやれました。年末ギリギリまでみんなと会える、ライブを楽しめる特別感にふわふわしつつも、2017年のふりかえりをしっかりすることができて、また来年へのイメージができました。アルバム制作もしていこうということでまた一つ、ギアチェンジして2018年取り組んでいきたいです。

今年も皆さんにたくさんの応援をいただき幸せでした。
ありがとうございました。
また来年も何卒よろしくお願いいたします。
皆さんにとって2018年も良い年でありますように!!
2017年12月24日(日)

『Primo Piatto プリモ・ピアット~聖夜のヒミツ〜』




演劇企画CRANQの朗読劇『Primo Piatto プリモ・ピアット~聖夜のヒミツ〜』にて音楽を担当させていただきました。
クリスマスイブにまつわるショートストーリーがオムニバスで構成される内容でロクセンチはそのそれぞれのお話の最後にライブ演奏しました。

エピソードA ドッピオ・フェイス
ED レイトショーを観にいこう

エピソードB Vino rosso di fuoco〜情熱の赤ワイン〜
ED 今日が終わってしまう前に

エピソードC 憂鬱なサンタクロース
ED ピアノインストゥルメント

エピソードD 12月のキャンプファイヤー
ED たまねぎ

エピソードE キャンドルをつけないで
ED はやくかえろう

エピソードF Risicare!〜リジカーレ〜
ED ポートワインをご一緒に(書き下ろし)

主催の吉田ボイスさんをはじめキャストの皆さん、スタッフの皆さんのものづくりへの真摯な姿、それぞれの責任感、協調・・・稽古と約1週間の公演の間ずっと、刺激で頭が、感動で心が満ちていました。このプロジェクトに関わることができてよかった。繋げていただいた宍戸留美さん、関係者の皆さん、観劇していただいた皆さんに感謝です。ありがとうございました!


12月24日千秋楽後客席の皆さんと。
2017年12月10日(日)

「しわすグルーヴィン荒川線2017」@都電荒川線




今回のロクセンチどこでもライブシリーズvol.21「しわすグルーヴィン荒川線2017」例年に比べて早めの開催となりましたが、お天気が良いのは変わらずで、車内は明るく、ポカポカでした。
ナカヤンには暖か過ぎたのか、大汗をかいて最後の方はタオルを頭に巻いて演奏しました。さながら大掃除の装いでした。

セットリスト

1 rabbit(サウンドチェック)
2 ブラウニー
3 えらい人になってしまおう
4 北風のクリスマス
5 オルゴール
6 レイトショーを観にいこう
7 さんぽ
8 10年後
9 もぐりこみたい
10 食べさせタイ
11 Having a good time
12 My Sweet Honey
13 たまねぎ
14 抱きしめたんだ

約100分の車内でのライブはほのぼのと進んでいきました。 ガタゴトとゆれる都電荒川線からの車窓から見える下町の景色に心が静かになっていって、時折車掌さんが鳴らす鐘の音は、年の終わりを告げるようでした。 まだ12月10日でしたが、じんわりしっかり年末感きました。



ですが、今年のロクセンチはこれで終わりではありません、まだまだいろいろもろもろあります。
気を引き締めて最後まで突っぱしります!
2017年11月25日(土)

『11月から走りだそう』@下北沢440




ロクセンチワンマンライブ『11月から走りだそう』でした。
もう2017年もあと1ヶ月、、、バンド編成では今年最後、総まとめのライブとなりました。
秋が深まった季節に、じっくりと皆さんと一緒にライブを楽しむことができて 心がポカポカしました。寒い中、お越しいただいた皆さんありがとうございました。

セットリスト
1 もぐりこみたい
2 You don’t have to be Perfect
3 10年後
4 Having a good time
5 すきになったら
6 シチュー
7 食べさせタイ
8 雨が(仮)
9 かにあるき
10 たまねぎ
11 hey hey
12 ドンルックバック
13 明日の見える場所
14 渋谷LOVE
15 I Love You
16 まぼろしの歌うたい
17 今日が終わってしまう前に
En1 レイトショーを観にいこう
En2 抱きしめたんだ

公演途中、MCでニューアルバムを作る!走り出す!の話をさせていただきました。
今年ナカヤンはたくさんの曲を書きましたが、そのほとんどはロクセンチのアルバムに収録されない可能性があり、アルバム制作にはさらに新曲をたくさん作っていかなければならず、出来上がりの時期はなんともぉ、、、なんて言い訳が多いのですが、ともかく!新しいアルバムを、みなさんに楽しんでもらえるような作品を作りたいのです。 気長にお待ちいただけたら嬉しいです。
ああ、そんな話ができるなんて、幸せです。
みなさんに出会えて本当に良かったとしみじみ。ありがとうございます!!


新グッズ「11月から走りだそうタオル」(リハーサルスタジオにて撮影)


ライブ終了後のメンバー:左からサポートドラム高インボム、中原明彦、山田貴子、サポートベース中村カツヲ(from The LOVE)。
2017年11月15日(水)

「THE JAM」@東京 新宿JAM


11月に入り、ロクセンチは25日のワンマンライブへ向けて慌しくなってきました。
ナカヤンは新曲の製作に、山田はスタッフとともにグッズ製作にと、もろもろ準備が佳境に入っています。
今日はそれはひとまずおいといて、新宿JAMへ。ハロー青空トレイン主催のにぎやかなイベントに呼んでいただきました。

新宿JAMはビルの取り壊しとともに今年いっぱいで閉店、37年の歴史に幕を閉じるとのことでした。
思い返すと山田が数回でしたが出演していた約20年前、新宿JAMはすでにライブハウスの貫禄というか、薄暗くて、不良ぽくて、ステージに出たてのころの若山田にとって”ライブハウスとはこういうものだ”感を擦り込まれた場所でもありました。
久々に足を踏み入れたら、すぐにどばばばーっと、あのころの青い自分、ちっさい自分と、なーんにも弾けない自分を思い出し、身震いしました。
対し、新宿JAMは、さらに鬱屈した雰囲気が増し、建物自体がもう、なんというか、血と汗と涙と経年と劣化がありのままでした。

懐かしいのと恥ずかしいのとなんだか複雑な気持ちが全部まざりすぎると、むしろ、いままでないくらいすがすがしい気持ちでライブでライブに望むことができました。
平日、お忙しい中、かけつけてくださったみなさんありがとうございました。

ロクセンチセットリスト

1 Having a good time
2 もぐりこみたい
3 食べさせタイ
4 I Love You
5 たまねぎ
6 レイトショーを観にいこう



写真:主催のハロー青空トレインのタカハシリツさんと

さあさあ!あともうすこしでロクセンチワンマンライブです。
これでもか!ってなぐらいにたっぷりたのしみますよ!
みなさんのお越しをお待ちしております。

■2017年11月25日(土)
ロクセンチワンマンライブ 『11月から走りだそう』
Act:ロクセンチ

◇詳細はライブページをご覧ください。